株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

整形外科医のための 膝のスポーツ診療のすべて

定価:7,920円
(本体7,200円+税)

数量

カートに入れる

編著: 大内 洋(亀田メディカルセンタースポーツ医学科 主任部長)
判型: B5判
頁数: 438頁
装丁: カラー
発行日: 2021年03月01日
ISBN: 978-4-7849-5884-9
版数: 第1
付録: 無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)

シリアル登録の手順

シリアル登録画面へ

電子版を閲覧


「膝」×「スポーツ診療」 で圧倒的な網羅性!

スポーツドクターがよく診る疾患はもちろん,希少な疾患まで「診療のすべて」を解説しました。
これからスポーツ整形外科を専門にしたいと思っている若手医師,知識をますますブラッシュアップしたいスポーツドクターなど,1冊持っておきたい網羅的な教科書です。

目次

1章:総論

  • 膝周囲の解剖
  • 膝関節のバイオメカニクス
  • 膝周囲の運動連鎖
  • 膝のスポーツ診療における診察法(身体所見を中心に)
  • 膝のスポーツ診療に有効な画像診断
  • 見逃してはならない疾患

2章:膝のスポーツ疾患

  • 膝あ前十字靱帯(ACL)損傷(ハムストリングを用いた再建)
  • ACL損傷(膝蓋腱を用いた再建)
  • ACL損傷(骨端線閉鎖前)
  • 膝内側側副靱帯(MCL)損傷
  • 膝後十字靱帯(PCL)損傷
  • スポーツ選手の半月板損傷
  • 反復性膝蓋骨脱臼
  • 分裂膝蓋骨
  • 膝蓋骨骨折
  • 離断性骨軟骨炎
  • 腸脛靱帯炎(ランナー膝)
  • ジャンパー膝(膝蓋腱症)
  • Osgood-Schlatter病
  • Baker嚢胞
  • 肉離れ

もっと見る

閉じる

序文

「膝」のスポーツ診療の必要十分な内容を網羅した教科書が完成しました!
これまでのスポーツ整形外科の教科書には,よく診る疾患についてのみ記載のあるものや,必要のないと思われる事柄が長々と書かれていたり,予防やトレーニングについて記載がないものがありました。これでは,スポーツ整形外科を勉強したい先生にとって本当に有用とはいえないと思い,本書ではこのような問題点をすべて解決するように致しました!

膝のスポーツ疾患をみる医療者として,病院で,そして現場で,本当に必要な知識や重要な事柄は何なのか?

執筆者に名前を連ねている先生方はみな第一線でスポーツ診療を行っております。だからこそ,本当に必要な知識や重要な事柄をよくご存じで,ポイントをおさえて執筆できるのです。本書で取り上げた疾患について,よく診る重要な疾患は「より詳細に」解説していただき,多くのページ数を割きました。一方で,希少な疾患は必要十分に解説していただき,項目によってボリュームにメリハリがあるように努めました。

日々,医療者がスポーツ選手の診療で経験する諸問題があります。

このような問題に直面した際に手に取りたい教科書……それが本書です。困った際に該当するページをパッと見ただけで診療でのポイントがわかり,痒いところにも手が届きます。とにかく網羅的で,とりあえず1冊持っておきたいような面倒見の良い教科書です。

これからスポーツ整形外科を専門にしたいと思っている若手の先生,スポーツ整形外科の知識をますますブラッシュアップしたい先生など,経験年数を問わず「この本に出会えてよかった!」と思える最高の出来になりましたので,ぜひぜひ皆さま,手に取っていただけましたら幸いです。

2021年1月
亀田メディカルセンタースポーツ医学科 主任部長
大内 洋

もっと見る

閉じる

関連書籍

もっと見る

関連記事・論文

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top