株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

肘頭打撲後の強い痛みの原因は? 【肘頭骨と皮膚の間の滑液包の痛みか】

No.4845 (2017年03月04日発行) P.67

和田卓郎 (北海道済生会小樽病院整形外科/副院長)

登録日: 2017-03-02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 本来,肘をつく部位は痛みに鈍いはずですが,その部位に強く打撲を受けた(皮下出血等はない)2週間ほど後,その部位に圧力を受けると飛び上がるほどの痛みを訴える患者がいます。診断・治療法をご教示下さい。

    (質問者:埼玉県 I)


    【回答】

    診断として肘頭滑液包炎を疑います。肘をつく部位は解剖学的には尺骨肘頭です。肘頭の骨と皮膚の間には薄い結合組織からなる袋状の組織,滑液包が存在します(図1)。内壁は滑膜で覆われ,正常ではごく少量の滑液が存在し,皮膚と骨との間の摩擦軽減の役割があるとされます。

    残り542文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top