株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

整形外科レジデントのための上肢のベーシック手術

定価:5,940円
(本体5,400円+税)

数量

カートに入れる

立ち読み

編: 田中 利和(柏Handクリニック院長)
判型: B5判
頁数: 160頁
装丁: カラー
発行日: 2020年07月30日
ISBN: 978-4-7849-5806-1
版数: 第1版
付録: 無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)

シリアル登録の手順

シリアル登録画面へ

電子版を閲覧


整形外科レジデントが‟必ずマスターしておきたい”上肢の9つの基本手術をわかりやすく丁寧に解説!

YouTubeと本書の電子版で閲覧可能な15の手術動画で,手術の理解がより深まる!
レジデントのための‟はじめての手術書”です。

YouTubeページ
https://www.youtube.com/channel/UCNDVgdc6ijlK9T3ZYTB-5qw/videos


目次

上肢の手術に必要な基本的な解剖
手根管症候群に対する神経剥離術
肘部管症候群に対する尺骨神経皮下前方移所術
狭窄性腱鞘炎(ばね指,ドケルバン腱鞘炎)に対する手術
伸筋腱,屈筋腱に対する腱縫合術
骨折治療1:手指骨ピンニング,プレート固定
骨折治療2:橈骨遠位端骨折
骨折治療3:前腕骨骨折
骨折治療4:小児上腕骨顆上骨折
腱板断裂に対する手術

もっと見る

閉じる

序文

私が留学したMayo Clinicでは,レジデントたちが手術前日にcadaverを使いトレーニングをしている姿を都度都度目にしました. しかし残念ながら日本はそのような環境ではありません. また,“手術は教えてもらうものではなく,見て覚えるもの”と考えられている諸先輩方があまりに多いことから,なかなか手術テクニックの上達が得られません. そうかといってトレーニングを患者さんで行うわけにもいきません. そこで今回は,手術テクニックの上達を目指すレジデントを対象として,動画を含めて代表的な上肢の手術を丁寧に解説するテキストを作成いたしました.
狭窄性腱鞘炎を私が担当し,解剖を松浦佑介先生,手根管症候群と肘部管症候群を原 友紀先生,腱断裂を大井宏之先生にご担当いただきました. 骨折は,手指の骨折を井汲 彰先生,橈骨遠位端骨折を松浦佑介先生,前腕骨骨折を磯部文洋先生と山崎 宏先生,上腕骨顆上骨折を納村直希先生にお願いしました. 腱板断裂について,石毛徳之先生には診察を踏まえた手術適応,そして鏡視下腱板縫合(アンカーを用いていない糸リレーからの縫合方法)を術後リハビリテーションも含めて解説していただいております. それぞれの手術についてスペシャリストの先生方が,若い先生方に上手になって欲しいポイントを強調しながら説明しています.
また,執筆者の先生方が手術中に“ヒヤッとしたこと”,“ここがポイント”,“注意が必要!”と思う点を記しているのも本書の特徴です. 是非読者の皆さんには良い経験をしていただきたいため,あえて経験して欲しくないことを執筆いただきました. これらは手術に伴う合併症やトラブルの回避に役立つと思います.
動画のいいところは何度も繰り返し見ることができ,わかりにくいことをわかるまで見返すことができる点です. しかし,本書の動画を見てすぐに手術ができるわけではありません. 初めての手術は必ず指導者とともに行うことが必要です. どの動画も各疾患の代表的な手術法の1つとして作成していただいておりますが,決して読者の指導医の手術法と一致するものではないと思います. 動画を通して学んで欲しいことは,手術の流れと基本を押さえることです.
読者の皆さんのさらなる手術テクニック向上と,治療を受ける患者さんの笑顔のために本書が活用されることを期待しております.


2020年6月
柏Handクリニック 院長
田中 利和

もっと見る

閉じる

関連書籍

関連記事・論文

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top