株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

良性骨腫瘍(骨腫瘍類似疾患を含む)[私の治療]

No.5048 (2021年01月23日発行) P.42

森岡秀夫 (国立病院機構参時,国立病院機構東京医療センター整形外科科長)

登録日: 2021-01-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 良性骨腫瘍の種類は多く,その臨床像も多彩である。骨破壊のために病的骨折を起こすものから,無症状で日常生活に支障をきたさないもの,経過中に自然消失するものなど様々である。

    ▶診断のポイント

    骨腫瘍には好発年齢や好発部位があり,痛みなどの臨床症状,単純X線,CT,MRIなどの画像所見を確認し,必要に応じて生検を行い,病理組織学的に診断を行う場合がある。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    良性骨腫瘍に対しては外科的治療が基本であるが,病理組織学的に中間悪性群に含まれる骨巨細胞腫には,薬物療法を併用または単独で適応することがある。線維性骨異形成や線維性骨皮質欠損などのように,外傷など他の理由で撮影されたX線で偶発的に発見される場合もあり,無症状であれば経過観察のみにとどめる。しかし,痛みを伴う場合や,骨の脆弱性から病的骨折を起こす可能性が高い骨腫瘍は,手術の適応になることが多い。

    手術は,腫瘍切除のみ,腫瘍搔爬と骨移植または骨セメントの使用,一部の腫瘍に対しては経皮的に低侵襲治療を行うこともある。したがって,重要なことはその診断であり,腫瘍の種類により治療法も異なる。

    残り1,925文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top