株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

腰椎前方側方進入椎体間固定術(LLIF)の現状と今後の発展について

No.4957 (2019年04月27日発行) P.57

吉井俊貴 (東京医科歯科大学整形外科准教授)

大鳥精司 (千葉大学大学院医学研究院整形外科学教授)

登録日: 2019-04-25

最終更新日: 2019-04-23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 腰椎前方側方進入椎体間固定術の現状と今後の発展についてご教示下さい。千葉大学・大鳥精司先生にご解説をお願いします。

    【質問者】

    吉井俊貴 東京医科歯科大学整形外科准教授


    【回答】

    【LLIFは飛躍的に発展しているが,合併症に注意】

    腰椎すべり症,椎間板性腰痛は,椎間板の破綻がもたらす疾患です。過去にこれらの疾患に対して大きな皮切を用いた前方固定術が報告されましたが,その侵襲の大きさから後方固定術にシフトし,そちらが主流になった経緯があります。一方で,高齢者の高度腰椎後側弯の手術療法としては多椎間の,または骨切りを併用した後方固定術が報告されてきました。良好な矯正率が得られますが,骨粗鬆症がある高齢者では,骨癒合不全,インプラント折損,出血等の問題点が報告されてきました。

    残り921文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top