株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

アカシジア[私の治療]

No.5081 (2021年09月11日発行) P.37

大森まゆ (国立精神・神経医療研究センター病院精神科医長)

登録日: 2021-09-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • アカシジアは静座不能症とも言い,「じっとしていられない」といった内的不穏と異常感覚,運動亢進症状を特徴とする。抗精神病薬の副作用として生じるものが典型的であるが,その他の薬剤や,治療薬等の離脱,身体疾患でも生じうる。自覚的な苦痛が強く,適切な対処が必要である。

    ▶診断のポイント

    薬剤の投与開始や増量後に不安・焦燥や多動などが生じた際には,精神症状の悪化や出現の可能性と同時に,アカシジアを念頭に置き,丁寧な問診を行う。

    自覚症状は「落ちつかず,そわそわして,じっとしていられない」という切迫した焦燥感と,「ムズムズ」「ジンジン」「蟻走感」「灼熱感」などと表現される不快な異常感覚であり,貧乏ゆすり,立ち上がって歩き回る,何度も足を組み直す,足をさするなどの運動により不快感が軽減する。

    典型的には抗精神病薬の投与開始や増量後,数時間~2週間以内に発症する(急性アカシジア)。ハロペリドールなどの定型抗精神病薬のみならず,リスペリドンやブロナンセリン,アリピプラゾールなどの非定型抗精神病薬でも生じる。抗うつ薬(イミプラミン,パロキセチン等),消化器病薬(スルピリド,ファモチジン,メトクロプラミド等),抗認知症薬(ドネペジル等),その他一部の降圧薬や抗癌剤なども原因薬剤となりうる。パーキンソン病治療薬や抗コリン薬の減量ないし中止後に生じるもの(離脱性アカシジア),原因薬剤投与から3カ月後以降に生じるもの(遅発性アカシジア)もある。

    妊娠,脳炎後遺症,パーキンソン病,末期腎不全(透析患者)に伴って生じる非薬剤性のアカシジアもあるが稀である。血清鉄の低下や糖尿病は,アカシジアの危険因子である。

    【鑑別診断】

    精神病症状に伴う精神運動興奮,うつ病の激越,activation syndromeやセロトニン症候群でも不安・焦燥を生じるが,運動により自覚症状が軽減することはない。

    restless legs syndrome(むずむず脚症候群)は,夕方~夜間の眠気が生じる時間に下半身の異常感覚,周期性四肢運動,入眠困難をきたすが,アカシジアでは眠気との関連はない。

    遅発性ジスキネジアは,抗精神病薬の長期投与後に,口をもぐもぐさせる,舌なめずり,手足をリズミカルに動かす,体を前後に揺らすなどの常同運動が生じるが,不随意運動であり,主観的な苦痛は少ない。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    薬歴,服用状況を確認し,疑わしい薬剤があれば,減量・中止,他剤への置換,処方の単純化を検討する。クエチアピンやオランザピンは比較的アカシジアの発現が少ない。

    対症療法としては,極度の不安・焦燥を伴う場合はベンゾジアゼピン系薬剤(クロナゼパム,ジアゼパム)を,錐体外路症状を伴う場合やベンゾジアゼピンの依存・耐性が想定される場合は中枢性抗コリン薬(ビペリデン,トリヘキシフェニジル)を選択する。各々の有効性は約50%である。有害事象として中枢性抗コリン薬では,尿閉,イレウス,ドライマウスによる嚥下障害,認知機能障害,ベンゾジアゼピン系薬剤では,傾眠,ふらつき,依存,耐性などがありうるため,長期投与は避ける。

    β遮断薬(プロプラノロール等)は欧米では第一選択であるが,わが国では保険適用外である。β遮断薬は血圧低下や徐脈をきたしうるため,投与前後に血圧・脈拍をモニターする。

    残り1,034文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    もっと見る

    関連物件情報

    page top