株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

(3)外来運動器診療と事実質問─聞く・触る・エコー・注射・生活指導の流れ[特集:肩こり・腰痛・膝痛患者に対する整形内科的生活指導]

No.4987 (2019年11月23日発行) P.36

遠藤健史 (雲南市立病院内科)

多田明良 (国吉診療所)

登録日: 2019-11-25

最終更新日: 2019-11-19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

患者自身が気づいていない発痛源検索にも,事実質問は役立つ

患者が生活指導を受け,納得してセルフケアをするためには,自身の発痛源を医療者と共有する必要がある

1. 導入

高齢化の進むわが国では,運動器疼痛の愁訴が多く1),これが日常生活動作を低下させ社会参加を妨げ,ひいては生活の質を低下させることが懸念されている。

こうしたなか,運動器疼痛の保存療法技術向上をめざす「整形内科(non-surgical orthopedics)」が注目されている。整形内科診療では,慢性の運動器疼痛患者に対して,生活指導を行うことも治療の一環ととらえている。生活指導において,患者教育(痛みへの理解),認知行動療法を通じて,痛みの原因となる生活動作を避けることや,体操・運動を行うなどのセルフケアの継続をめざしている2)。この主体は患者自身であり,生活指導により行動を変えるためには,患者が自身の発痛源に気づき,特定の動作が原因となっていることを納得することが必要である。そこで我々が外来診療で大事にしている3つのポイントがある。

①原因動作を動画で再現するように問診すること
②超音波診断装置(以下,エコー)を用いて,発痛源の部位を患者にも見える形で共有すること
③注射などの治療介入後に原因動作の改善有無を確認すること

特に,上記①の問診は重要で,この拾い上げが間違っていると,まったく違う部分への介入を行うこととなってしまうため,事実質問(特集2を参照)をベースに聴取するようにする。

本稿では,これらの生活指導のための3つのポイントについて実際の症例をもとに記載する。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top