株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

腕神経叢損傷[私の治療]

No.5014 (2020年05月30日発行) P.42

服部泰典 (JA山口厚生連小郡第一総合病院整形外科・副院長)

登録日: 2020-06-01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 腕神経叢損傷(brachial plexus injury:BPI)は,上肢の最も重篤な末梢神経損傷である。発生原因の多くは交通事故などによる高エネルギー外傷であるが,分娩時の神経の牽引による分娩麻痺や放射線照射による障害も存在する。小児の分娩麻痺は治療方針や予後が異なるため,本稿では外傷性のBPIについて解説する。

    ▶診断のポイント

    損傷型は,歴史的に上位型,下位型,全型と分類されてきた。しかし,現在では損傷神経根により,C5-6型,C5-7型,C5-8型,C5-T1型(全型)と分類するのが適当である。また,下位型は全型損傷の上位根の自然回復例と考えられている。C5-6型では肘屈曲と肩の麻痺,C5-7型ではさらに手関節伸展の筋力低下,C5-8型ではさらに手指伸展や屈曲,内在筋の筋力低下が起こる。全型では,肩以下の完全麻痺となる。損傷型の診断のうち最も重要なものが,C5-7型とC5-8型の鑑別である。これは後述するが,肘屈曲再建においてC5-7型ではOberlin法が適応されるからである1)。臨床所見のみでは鑑別が困難なことが多いが,筋力評価においてC5-7型では大胸筋胸骨部,上腕三頭筋の筋力が良好であること,知覚検査においてC5-8型では小指に知覚障害が及んでいることが参考になる。

    残り1,296文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top