株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

イチョウ葉に含まれる成分の認知機能改善作用

No.4755 (2015年06月13日発行) P.65

中村重信 (洛和会京都新薬開発支援センター所長)

登録日: 2015-06-13

最終更新日: 2016-10-18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Q】

イチョウの葉のどの成分がアルツハイマー病(AD)の認知機能を一時的に改善するのでしょうか。その作用機序と,ほかに同様の作用を持つ植物があればご教示下さい。 (群馬県 K)

【A】

イチョウの葉から抽出した化合物(イチョウ葉エキス)には種々の生物活性物質が含まれています。中でも重要な物質は,フラボノイド配糖体とテルペノイドです。わが国の健康食品業界の規格品では,フラボノイド配糖体を24%以上,テルペノイドを6%以上含有し,アレルギー物質であるギンコール酸の含有量が5ppm以下であること,が条件づけられています。フラボノイド配糖体とテルペノイドは抗酸化作用,血液凝固抑制作用,血液循環改善作用を示し,加えてβアミロイド蛋白凝集によるオリゴマーやアミロイド線維の形成を阻害します(文献1)。
最近,フラボノイドの一種であるケルセチンがβアミロイド蛋白の合成を阻害することが認められました(文献2)。さらに,ケルセチンがリン酸化タウ蛋白の海馬への蓄積を抑制すると報告されています(文献2)。
βアミロイド蛋白やリン酸化タウ蛋白が凝集して神経細胞に毒性を示すことは証明されており,この毒性を阻害することがAD治療に有効と考えられます。しかし,イチョウ葉エキスのADへの効果が一時的で,予防や根本治療となりえない理由は不明です。
イチョウの葉以外に,米ヌカに含まれるフェルラ酸にもβアミロイド蛋白による神経毒性抑制を介してAD初期の人の認知機能を改善させる効果のあることが証明されています(文献3)。

【文献】


1) Luo Y, et al:Proc Natl Acad Sci U S A. 2002;99(19):12197-202.
2) Sabogal-Guaqueta AM, et al:Neuropharmacology. 2015;93C:134-45.
3) 中村重信, 他:Geriatr Med. 2008;46(12):1511-9.

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top