株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

『重症患者の早期離床・リハビリテーション』について著者の鵜澤先生にお聞きしました

登録日: 2021-07-01

最終更新日: 2021-07-01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のおすすめWebコンテンツ

重症患者の早期離床・リハビリテーション

[執筆]鵜澤吉宏(亀田総合病院リハビリテーション事業管理部)
判型:A4判
頁数:27頁、動画:6点
価格:1,980円(税込)

─本コンテンツの特徴・魅力を教えてください。

ここ数年でICUでの早期離床・リハビリテーションを実施する施設が増えております。指導的立場の方がいる施設では、それぞれ特徴をもって実施させていると思います。一方で、実施はしているけど「これでいいのか?」と思ったり、『基本がわからない』と考えたりされる方もいると思います。また、まだ実施していない施設の方でも「興味はあるけど何をすればいいか?」と言う声を聞きます。

実際に早期離床リハビリテーションを実施するには知識の整理と経験値が必要です。その中で本コンテンツでは、早期離床・リハビリテーションを行うための基本知識の整理とその進め方、その時に注意することを念頭に置いて具体的に表現しました。『どのような流れで、何に気を付けて、どのようにするか』という全体像をつかめるようにまとめてみました。

特に、ICUなど急性期の医療機関では毎年または定期的にスタッフの異動があり、そのたびに教育方法を検討されていると思います。従来はスタッフ教育として集合研修を行っていました。しかし時間外業務削減の流れで、忙しい業務を調整して時間を確保する難しさや、コロナ禍での人数制限などの影響で、集合研修の開催が難しい状況にあります。このような時であるからこそ、本コンテンツのようにweb教育ツールを用いることで職場スタッフの基礎的スキル向上を図れると思います。

─実施にあたっての疑問について、多数の動画で解説して下さいました。

はい。コンテンツの中で特に効果的と考えているのは、動画での確認です。患者役がベッドで寝ているところから、端坐位へ、車椅子へといった離床の仕方について動画を提供しております。言葉や写真、イラストだけの説明と比べ、イメージが付きやすいです。特に若手スタッフや経験の少ない方は、言葉での説明より動画を見ていただく方が『ここに位置して、こんな風にやればいいのか』などと理解が早く、比較的早く実践できるようになります。

本コンテンツを早期離床・リハビリテーション実施の基本的な習得という位置づけにしていただければと思います。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連求人情報

公益社団法人 地域医療振興協会 市立大村市民病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 総合内科・消化器内科・呼吸器内科・神経内科・外科・整形外科 等 若干名
勤務地: 長崎県大村市

急性期から回復期、維持期までの疾患の治療・管理はもとより、予防医学としての健診事業にも力を注いでいます。
ハイケアユニットから地域包括ケア・回復期リハ病棟まで有しており、地域の皆様に対して急性期から回復期まで切れ目のない医療、充実したリハビリサービスを提供できる体制が整っております。
基幹型臨床研修指定病院として医師の教育にも寄与しています。当協会のコンセプトの1つである離島医療の支援も積極的に行っています。

救急医療体制については、1次から3次まで幅広く患者さんを受け入れています。
特に3次救急患者さんに関しましては、症状に応じて長崎医療センター及び救急隊と連携をとりながら、必要に応じた救急対応を行っています。また、2次までの救急患者さんに関しては、専門医と総合医が協力し対応しています。
救急医療についても二次救急を担っています。緊急の大血管手術やバイパス手術も行っており、長崎県内外から高い評価を受けています。
なお、日当直体制では、内科・外科系及び循環器系で 救急体制を整えています。
現在、内科・外科系の日当直体制は、内科医師が火曜日・木曜日・土曜日 の当直帯及び土曜日・日曜日の日直帯、外科系医師が月曜日・水曜日・金曜日・日曜日の当直帯に救急対応を行っています。
また、大村市夜間初期診療事業(内科系・小児科)に参画しています。
平成29年度より新病院にて診療を開始しております。
●大村市の人口は約97,700人で、県内13市で唯一人口が増加しています

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top