株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

『新しい腰痛の診かた・治しかた“Swing-石黒法”〜全身に及ぶ仙腸関節機能障害』について著者の石黒 隆先生にお聞きしました

登録日: 2021-04-15

最終更新日: 2021-04-15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のおすすめWebコンテンツ

新しい腰痛の診かた・治しかた“Swing-石黒法”〜全身に及ぶ仙腸関節機能障害

[執筆]石黒 隆(いしぐろ整形外科院長)

判型:A4判
頁数:33頁
価格:2,200円(税込)

質問1:本コンテンツの特徴・魅力を教えてください。

仙腸関節が痛みやしびれに深く関与している事実を医療関係者があまり認識していないのが現状です。仙腸関節は上半身と下半身を支える重要な部位であり、仙腸関節面の不適合(ズレ)が原因で生じる仙腸関節機能障害は全身の多岐の症状に及びます

日常生活で動いているうちにこの関節面の不適合が解消されることもあります。しかし、転倒、交通事故などの外傷やお産などをきっかけとした仙腸関節の強い不適合(一部は靭帯の引っ掛かり)は長期にわたり症状が持続します。

今まではこのような強い不適合を治す手段がありませんでしたが、新しい授動術(Swing-石黒法)で治療可能となり、今まで原因の特定されていなかった慢性疼痛が仙腸関節由来のものであることが分かってきました。本コンテンツでは仙腸関節機能障害の病態と症状、本法の原理と実践方法、原因の特定されていなかった疾患への関与などについて動画を多用して分かり易く紹介しています。

質問2:本コンテンツによる臨床上のメリットは?

本法は症状のある側を下にして側臥位となり、臀部の負荷をかけリラックスした状態で、上の股関節を軽く伸展するだけの方法です。仙腸関節機能障害の症状のほとんどが腰・下肢症状で、しゃがむのが苦手、つまずき易い、肩が痛くて腕が上がらない、手がしびれて力が入らない、また意外な症状として、首下がり症や小児の側弯症などもあります。本法の原理を理解することで仙腸関節の強い不適合を治し、それによってこれらの症状も治します

私は、従来の治療法で改善がみられない場合は、腰痛を訴えなくてもとりあえず本法を試しています。その結果、思いもよらない効果がみられることがあります。そうした症例は、仙腸関節機能障害を併発していたことになります。

本法は診断と治療を兼ねた簡便で安全な手技です。そして即効性がありますので、本法を習得することによって、私自身の経験としても、治療の幅が広がります

日本医事新報では、 PCやタブレット、スマートフォンでの閲覧を前提としたWebコンテンツを販売しております。従来のような紙の書籍ではありません。その特徴は…
【デバイスを選ばない閲覧環境!】従来の電子書籍のように単に書籍をPDF化したものではなく、タブレットでの閲覧を前提としたレイアウトのPDFと、ブラウザ上で閲覧可能なHTML版を同時配信します。机上でも、臨床現場でも、手軽に参照いただけます。
【動画や音声を効果的に!】従来の書籍では付録として収録され、文章と隔てられていた動画や音声をシームレスに利用することができます。
【迅速かつ手軽に情報を発信!】印刷・製本の期間がないため、今、先生方が知りたい内容を迅速かつ手軽にお届けすることができます。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連求人情報

公益社団法人 地域医療振興協会 市立大村市民病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 総合内科・消化器内科・呼吸器内科・神経内科・外科・整形外科 等 若干名
勤務地: 長崎県大村市

急性期から回復期、維持期までの疾患の治療・管理はもとより、予防医学としての健診事業にも力を注いでいます。
ハイケアユニットから地域包括ケア・回復期リハ病棟まで有しており、地域の皆様に対して急性期から回復期まで切れ目のない医療、充実したリハビリサービスを提供できる体制が整っております。
基幹型臨床研修指定病院として医師の教育にも寄与しています。当協会のコンセプトの1つである離島医療の支援も積極的に行っています。

救急医療体制については、1次から3次まで幅広く患者さんを受け入れています。
特に3次救急患者さんに関しましては、症状に応じて長崎医療センター及び救急隊と連携をとりながら、必要に応じた救急対応を行っています。また、2次までの救急患者さんに関しては、専門医と総合医が協力し対応しています。
救急医療についても二次救急を担っています。緊急の大血管手術やバイパス手術も行っており、長崎県内外から高い評価を受けています。
なお、日当直体制では、内科・外科系及び循環器系で 救急体制を整えています。
現在、内科・外科系の日当直体制は、内科医師が火曜日・木曜日・土曜日 の当直帯及び土曜日・日曜日の日直帯、外科系医師が月曜日・水曜日・金曜日・日曜日の当直帯に救急対応を行っています。
また、大村市夜間初期診療事業(内科系・小児科)に参画しています。
平成29年度より新病院にて診療を開始しております。
●大村市の人口は約97,700人で、県内13市で唯一人口が増加しています

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top