株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

腰椎変性すべり症[私の治療]

No.5059 (2021年04月10日発行) P.46

石井 賢 (国際医療福祉大学医学部整形外科学主任教授)

登録日: 2021-04-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 腰椎変性すべり症は,中高年において脊柱管狭窄症を呈する代表的疾患のひとつで,椎間板や椎間関節の退行性変化を発端に,脊椎にズレ(すべり)を生じて発症する。典型的症状は腰痛,坐骨神経痛,馬尾症状,間欠跛行などである。

    ▶診断のポイント

    下肢の神経症状や馬尾症状で疑い,X線によるすべりとMRIによる狭窄所見(すべり,椎間板膨隆,黄色靭帯肥厚など)により診断に至る。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    腰椎変性すべり症治療の第一選択は,生活指導,装具療法,理学療法,薬物療法,ブロック注射などの保存療法である。

    腰痛や坐骨神経痛などの神経障害性疼痛に対する薬物療法では,非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs),アセトアミノフェン,ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液,ビタミン製剤,筋弛緩薬,オピオイド,セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI),プレガバリン,向精神薬,漢方薬,リマプロストなどを単独あるいは組み合わせて投与する1)

    残り1,674文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    page top