株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

電子コンテンツ「家庭医が関わるアドバンス・ケア・プランニング」「在宅緩和ケア〜疼痛コントロールの技術」を販売開始しました

登録日: 2020-10-13

最終更新日: 2020-10-13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

困ったときのアドバイス!

●執筆
西 智弘(川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンター)

●商品説明
判型:A4判
頁数:20頁、表17点、図6点
発行日:2020年10月9日
990円(税込)

●内容紹介
最近よく耳にするアドバンス・ケア・プランニング(ACP)=人生会議とは、いったいどういうものでしょうか? そして、家庭医はどのようにかかわっていけばよいのでしょうか? 背景となる知識や方法、緩和ケアの中での位置づけから、ACP/EOLd(end of life discussion)を行うタイミングや具体的な進め方まで、わかりやすく解説していただきました。 ぜひお手元に置いてご参照ください。

【目次】
1.ACP=人生会議とは?
2.緩和ケアとは
3.緩和ケアとして関わるべきタイミング
4.ACPがうまれた背景
5.ACPが開始されるべき時期
6.ACP/EOLdの具体的な進め方
7.ACP/EOLdにメリットはあるのか
8.民族特性:余命の告知を例として
9.誰がACP/EOLdを行っていくべきか:暮らしの保健室の活用
10.まとめ




在宅緩和ケアの技術を知る!

●執筆
鈴木 央(鈴木内科医院院長)

●商品説明
判型:A4判
頁数:19頁
発行日:2020年10月6日
本体価格900円(税別)

●内容紹介
終末期のがん患者の在宅療養を支援することは、在宅医療において必須のスキルのひとつになっています。本コンテンツでは、在宅での疼痛コントロールの技術について、ホスピス、ターミナルケアの概念を日本に紹介した前院長の鈴木壮一氏を引き継ぎ、在宅緩和ケアを専門とする鈴木央氏(全国在宅療養支援医協会副会長)が解説しました。これを読めば、痛みの評価と疼痛緩和のための薬剤の使い分けがワカル! 明日から在宅で実践デキル!!

【目次】
1.痛みの評価
2.薬剤選択,使いわけのコツ
3.持続皮下注射のコツ
4.呼吸困難への対応
5.非がん疾患の疼痛緩和
6.在宅緩和ケアで最も重要なこと


日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツ(PDF+HTMLのハイブリッド版)です。

購入いただくと、①ダウンロード式でどこでも読めるPDF版と、②シリアルナンバー登録で利用できスマホでも読みやすいHTML版(別途通信が必要です)の両方が利用できます。
※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。
シリアルナンバーの登録・利用方法は下記をご参照ください。
https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/

おすすめ関連商品

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top