株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

変形性肘関節症[私の治療]

No.5020 (2020年07月11日発行) P.42

和田卓郎 (済生会小樽病院病院長)

登録日: 2020-07-11

最終更新日: 2020-07-08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 一次性:肘関節に軟骨変性,骨棘形成,関節面の不適合が生じ,疼痛,可動域制限などの機能障害を呈する病態である。肘を酷使する労働,スポーツによるオーバーユースが原因になることが多い。
    二次性:肘関節内骨折,離断性骨軟骨炎(野球肘),化膿性関節炎,関節リウマチなどの外傷や炎症性疾患に伴い二次性に発生する。

    ▶診断のポイント

    【症状】

    肘関節の疼痛,可動域制限,ロッキング。屈曲制限のため洗顔,食事,ワイシャツのボタンかけなどの動作が困難になる。肘部管症候群を合併することが多く,環指・小指のしびれ,握力低下がみられる。

    【画像所見】

    単純X線像では,骨棘形成,遊離体,関節裂隙の狭小化が認められる。CT,特に3次元CTは骨棘,遊離体の局在を把握するのに有用である(図)。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    保存治療として局所の安静,非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)投与,関節内ステロイド注射を行い,関節滑膜炎の消退による症状の改善を期待する。保存治療を行っても,日常生活動作,労働,スポーツに支障をきたす例では手術を行う。遊離体切除,骨棘切除を行い,疼痛と可動域改善をめざす。スポーツ選手などでは,早期競技復帰をめざし肘関節鏡視下の低侵襲手術も行われる。

    残り599文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top