株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

『シン・梅毒診療~早期診断・治療のコツ』について著者の谷崎隆太郎先生にお聞きしました

登録日: 2022-09-12

最終更新日: 2022-09-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のおすすめWebコンテンツ

シン・梅毒診療〜早期診断・治療のコツ

[執筆]

谷崎隆太郎(市立伊勢総合病院内科・総合診療科副部長)

判型:A4判
頁数:31頁
発行日:2022年6月17日
価格:1,870円(税込)

─本コンテンツの特徴・魅力を教えて下さい。

 

感染症を理解する上では、「疫学」という広角な視点と「微生物学」という細やかな視点、そして目の前の患者さんを助けるための「臨床感染症学」という3つの視点が重要です。本コンテンツは主に梅毒の臨床感染症学に重きを置いており、臨床医が実際の診療時に必要な情報だけをギュッと濃縮しました。

梅毒は幅広い症状を呈するため、「まさかその症状で梅毒とは気づかなかった……」といった Diagnostic delay(診断の遅れ)の例は枚挙に暇がありません。まずはどのような症状で梅毒を疑うのか、そして疑った場合にどのような検査が必要なのか、また検査結果の解釈は? といった点に多くのページを割きました。というのも、梅毒は診断してしまいさえすれば治療はシンプルなので、臨床症状から梅毒を疑い、適切なタイミングで診断できるようになることが最も重要だからです。

─新しい治療法についても解説していただきました。

2021年に本邦でも筋注用のベンザチンペニシリンG(BPG)が承認され、世界標準の治療が提供できるようになりました。私たちにとって新しい治療法である BPGの使い方や使用上の注意点などについても解説しています。一方で、今まで本邦で使用されてきたアモキシシリン内服にも敬意を表して、アモキシシリン内服の梅毒治療に関するエビデンスを、歴史を追って順に解説しました。ここは若干マニア向けの内容ですが、一歩先ゆく知識が得られることは保証しますので、お目通し頂けると幸いです。

コンテンツはわずか31ページですが、臨床医が明日から使える厳選した内容を68個の文献と共にギュッと詰め込みましたので、これさえ通読しておけば、梅毒についてある程度語れるようになる……はずです!

梅毒の流行に対して私たち臨床医にできることは、早期診断・早期治療により流行の連鎖を少しでも途切れさせることです。そして、同時にパートナー治療を勧めることも重要です。

執筆者として、本コンテンツが臨床医の皆様の「梅毒について今一度学び直したい」という思いに応えられることを心より願うと共に、日々の診療の一助としてお役立て頂ければとても嬉しく思います。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連求人情報

公益社団法人 地域医療振興協会 市立大村市民病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 総合内科・消化器内科・呼吸器内科・神経内科・外科・整形外科 等 若干名
勤務地: 長崎県大村市

急性期から回復期、維持期までの疾患の治療・管理はもとより、予防医学としての健診事業にも力を注いでいます。
ハイケアユニットから地域包括ケア・回復期リハ病棟まで有しており、地域の皆様に対して急性期から回復期まで切れ目のない医療、充実したリハビリサービスを提供できる体制が整っております。
基幹型臨床研修指定病院として医師の教育にも寄与しています。当協会のコンセプトの1つである離島医療の支援も積極的に行っています。

救急医療体制については、1次から3次まで幅広く患者さんを受け入れています。
特に3次救急患者さんに関しましては、症状に応じて長崎医療センター及び救急隊と連携をとりながら、必要に応じた救急対応を行っています。また、2次までの救急患者さんに関しては、専門医と総合医が協力し対応しています。
救急医療についても二次救急を担っています。緊急の大血管手術やバイパス手術も行っており、長崎県内外から高い評価を受けています。
なお、日当直体制では、内科・外科系及び循環器系で 救急体制を整えています。
現在、内科・外科系の日当直体制は、内科医師が火曜日・木曜日・土曜日 の当直帯及び土曜日・日曜日の日直帯、外科系医師が月曜日・水曜日・金曜日・日曜日の当直帯に救急対応を行っています。
また、大村市夜間初期診療事業(内科系・小児科)に参画しています。
平成29年度より新病院にて診療を開始しております。
●大村市の人口は約97,700人で、県内13市で唯一人口が増加しています

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top