株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

手根骨に注目すると……[画像診断道場~実はこうだった(212)]

No.5114 (2022年04月30日発行) P.1

栗山幸治 (市立豊中病院整形外科部長)

登録日: 2022-04-28

最終更新日: 2022-04-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

28歳,男性。
主訴:左手関節痛。
現病歴:約3カ月前にスノーボード中に転倒し左手をついて受傷。近医を受診し捻挫と診断され,1週間のシーネ固定をされた。その後も左手関節痛が持続するため,当院を受診した。
受診時現症:左手関節の軽度腫脹・圧痛があり,手指の他動伸展で疼痛が増強した。可動域は掌屈36°,背屈64°と可動域制限があり,握力は7kg(健側45kg)と著明な低下を認めた。明らかな知覚障害は認めず。






プレミアム会員向けコンテンツです(最新の記事のみ無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

page top