株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 【米国心臓病学会(ACC)】EPA単独とDHA併用ではCVリスク減少作用に差?:観察研究

登録日: 2021-05-24

最終更新日: 2021-05-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の米国心臓協会(AHA)学術集会で報告されたランダム化比較試験(RCT)“STRENGTH”では、オメガ3脂肪酸による心血管系(CV)イベント抑制作用が確認されず、同じくオメガ3脂肪酸でCVイベント減少を報告したRCTREDUCE-IT”の結果を否定するものとなった。

STRENGTH試験報告者はこの違いを、対照群の違い(コーン油と鉱油)で説明していたが(https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=15924)、試験で用いられたオメガ3脂肪酸の違いが影響している可能性も出てきた。ドコサヘキサエン酸(DHA)は用量依存性に、エイコサペンタエン酸(EPA)のCV保護作用を減弱させるかもしれない。大規模観察研究の結果として、インターマウンテン医療センター(米国)のViet Le氏が報告した。

同氏らは、同施設が組むINSPIREレジストリ内の25000名弱から、19942012年に冠動脈造影を初回施行した987名をランダム抽出し、血中EPADHA濃度と死亡・CVイベント(心筋梗塞・脳卒中・心不全入院)の関係を調べた。

対象の平均年齢は61.5歳、男性が57%を占めた。冠動脈造影上で病変を認めなかった例の割合は38.8%だった。そして10年間で、これら987例中の31.5%が「死亡・CVイベント」をきたした。

観察開始時のオメガ3脂肪酸濃度と「死亡・CVイベント」発生リスクの関係を見ると、EPAでは血中濃度四分位群が高くなるに従い、発生リスクが減少する傾向が認められた。この傾向は、DHA濃度の高低に影響を受けていなかった。

一方、DHA濃度は、未補正ならば「死亡・CVリスク」と相関を認めないが、EPA濃度で補正すると、DHA高濃度ほど「死亡・CVリスク」が高くなる傾向が明らかになった。合併症による影響を補正しても同様である。つまり、DHA濃度が高くなるほど、EPAによる「死亡・CVイベント」抑制作用は減弱されると考えられた。

そこで、987例をEPADHA比「≦1」群(444名)と「>1」群(543名)の2群に分けて「死亡・CVイベント」リスクを比較したところ、EPA濃度に対しDHA濃度が相対的に低い「>1」群では、ハザード比が0.69の有意低値となっていた(95%信頼区間:0.550.86)。

さらに、オメガ3脂肪酸によるCVイベント抑制作用を検討したエビデンスを振り返りたい。

抑制作用が認められたREDUCE-IT、そしてわが国から報告されたJELIS2試験はいずれも、EPAのみを服用している。一方、ネガティブ試験に終わった冒頭のSTRENGTH、そしてVITALASCENDOMEMI試験はいずれも、EPAに加え、380800mgDHAを併用していた。

CVイベント抑制の観点からは、EPAへのDHA追加には懸念がある―、Le氏はそう結論した。

本発表には研究資金についての言及はなかった。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top