株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

電子コンテンツ「治せる!甲状腺眼症」「身近に潜む冬の中毒 初期対応とピットフォール」を販売開始しました

登録日: 2020-11-17

最終更新日: 2020-11-17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

激変した人生を取り戻す!

●執筆
鹿嶋友敬(オキュロフェイシャルクリニック東京院長/新前橋かしま眼科形成外科クニリック院長)

●商品説明
判型:A4判
頁数:29頁
発行日:2020年11月13日
1,650円(税込)

●内容紹介
「甲状腺眼症は治らない」…それは誤解です! 甲状腺眼症は治せる病気です。「甲状腺の数値が落ち着けば眼の症状は治る」…それも誤解です! 甲状腺の数値と眼の病状に関係はありません。本コンテンツでは、全国の甲状腺眼症の患者さんを診ている鹿嶋氏が、その治療法を具体的に解説。病気の活動期に行う最新のステロイド治療と、非活動期に行う低侵襲の手術法、さらにYouTubeから実際の手技も視聴できようになっています。鹿嶋氏は指摘します。「甲状腺眼症は顔貌が変わってしまう病気であり、短期間で人生が突如変わってしまう、残酷な病気である」。ぜひ本コンテンツを読んで、顔つきが変わってしまった患者さんが激変した人生を諦めることなく、元の生活を取り戻す第一歩を後押ししてください。

【目次】
1.甲状腺眼症に対する大きな誤解
2.甲状腺ホルモンの数値は眼の病状と関係がない
3.甲状腺眼症は「残酷」な病気である
4.眼球突出が起こると,なぜ顔つきが悪くなってしまうのか
5.甲状腺眼症が起こりやすい年齢や性別と生活習慣
6.甲状腺眼症の治療は活動性の有無によって変わる
7.活動性の評価方法
8.ステロイドの投与方法
9.甲状腺眼症の眼球突出に対する根治的手術・眼窩減圧術
10.複視への斜視手術
11.眼瞼後退と兎眼に対する眼瞼手術


ノロ、フグ、CO、寒くなってきたら一読を!

●執筆
小島直樹(公立昭和病院救命救急センター担当部長)

●商品説明
判型:A4判
頁数:17頁
発行日:2020年11月11日
880円(税込)

●内容紹介
冬に多いウイルス性胃腸炎、そのほとんどを占めるノロウイルス。集団発生しやすく、社会的に問題となるノロウイルスに加えて、冬の風物詩フグによる中毒、冬に発生しやすい一酸化炭素(CO)中毒について、救急医療の経験豊富な小島氏がポイントをわかりやすく解説しています。初期対応の流れから、AIUEOTIPS、中毒特有の身体症状、トキシドロームといった中毒疾患の基本を紹介。さらに、ノロウイルスやCO中毒など、疾患ごとに診断・治療、ピットフォールまで詳しく学べます。寒くなってきたら一読しておきたいコンテンツです。

【目次】
1.冬の中毒
2.中毒の初期対応は特殊なもの?
3.中毒疾患の診断,はじめの一歩
4.冬の中毒の代表的疾患─生牡蠣によるノロウイルス感染
5.冬の中毒の代表的疾患─フグ中毒
6.冬の中毒の代表的疾患─一酸化炭素(CO)中毒


日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツ(PDF+HTMLのハイブリッド版)です。

購入いただくと、①ダウンロード式でどこでも読めるPDF版と、②シリアルナンバー登録で利用できスマホでも読みやすいHTML版(別途通信が必要です)の両方が利用できます。
※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。
シリアルナンバーの登録・利用方法は下記をご参照ください。
https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/

おすすめ関連商品

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top