株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

電子コンテンツ「診療所で役立つワクチンキャッチアップスケジュール集」を販売開始しました

登録日: 2020-06-30

最終更新日: 2020-06-30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワクチン接種スケジュールの再構築に役立つ!

●執筆
守屋章成(名古屋検疫所/中部空港検疫所支所/空港検疫医療管理官)

●商品説明
判型:A4判
頁数:43頁
発行日:2020年6月25日
本体価格1,500円(税別)

●内容紹介
「キャッチアップ」とは「予防接種スケジュールを完遂できていない人が、後追いで接種を受けて必要な免疫を得ること」。 このコンテンツでは全年齢、小児・思春期、高齢者、無脾による免疫低下状態、それぞれに必要なワクチンについて、キャッチアップに役立つ基礎知識、接種回数や間隔についてまとめました。国が定めたキャッチアップスケジュールがほとんどない中で、ワクチン学的な原則、臨床研究、海外で推奨されているスケジュールなどを参考に、現場でどのようにスケジュールを組み立てればよいかを解説しています。新型コロナウイルス流行により接種遅れが予想される今、正確な知識をもとにキャッチアップを進めてみませんか?
巻末にはワクチンごとのキャッチアップスケジュール一覧も掲載しています。

●目次
1. 総論
 1)ワクチンキャッチアップとは
 2)診療所はワクチンキャッチアップの絶好の場
 3)未完遂ワクチンをどのように見分ければよいか?
 4)ワクチンキャッチアップはすべての年齢で行う
 5)キャッチアップスケジュールの成り立ちと情報源
 6)ワクチン添付文書を確認すること
2. キャッチアップ各論:全年齢
 1)麻疹・風疹(風疹第5期接種を含む)
 2)水痘
 3)流行性耳下腺炎(ムンプス)
 4)百日咳
 5)ジフテリア
 6)破傷風
 7)急性灰白髄炎(ポリオ)
 8)四種混合(DPT-IPV)、三種混合(DPT)、二種混合 (DT)について
 9)日本脳炎
 10)B型肝炎
3. キャッチアップ各論:小児・思春期
 1)BCG
 2)ロタウイルス
 3)Hib感染症(ヒブ)
 4)小児肺炎球菌
 5)ヒトパピローマウイルス(HPV)
 6)髄膜炎菌
4. キャッチアップ各論:高齢者
 1)帯状疱疹
 2)成人肺炎球菌
5. キャッチアップ各論:無脾による免疫低下状態
 1)髄膜炎菌、肺炎球菌(小児、成人)、ヒブ
6. 外来診療所が果たすべき役割
7. キャッチアップスケジュール集


日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツ(PDF+HTMLのハイブリッド版)です。
購入いただくと、①ダウンロード式でどこでも読めるPDF版と、②シリアルナンバー登録で利用できスマホでも読みやすいHTML版(別途通信が必要です)の両方が利用できます。
※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。
シリアルナンバーの登録・利用方法は下記をご参照ください。
https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/

おすすめ関連商品

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top