株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

特集:心臓リハビリテーションの進め方

No.4974 (2019年08月24日発行) P.19

監修: 井澤英夫 (藤田医科大学ばんたね病院循環器内科教授)

登録日: 2019-08-26

最終更新日: 2019-08-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

監修:井澤英夫(藤田医科大学ばんたね病院循環器内科教授)

■監修のことば

令和時代を迎えて心臓リハビリテーション(心リハ)は新時代の変化に合わせた進歩が求められている。現在,心リハの対象患者は高齢者が急増しており,対象疾患は心不全が多くを占めているが,今後はこの傾向がさらに顕著になると思われる。2018年12月に成立した「脳卒中・循環器病対策基本法」(正式名称:健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る対策に関する基本法)では,このような時代の変化に呼応して,生命予後の延長に加え再発を予防し,自立した生活を送ることができる診療システムの構築が目標に掲げられ,心リハの需要はますます高まることが予想される。これからは,薬物治療やインターベンションと並行して,運動療法のみならず,疾病管理プログラムとしても機能する包括的心リハプログラムを,多職種チームで積極的に実践することが求められている。

■目次

1 心臓リハビリテーションの対象疾患とその実力
小笹寧子(京都大学医学部附属病院循環器内科)

2 高齢心疾患患者に対する運動機能評価と運動療法の実際
高橋哲也*1,森沢知之*2(順天堂大学保健医療学部 *1教授 *2准教授)
藤原俊之(順天堂大学大学院医学研究科リハビリテーション医学研究室主任教授)
横山美帆,島田和典*1,代田浩之*2(順天堂大学大学院医学研究科循環器内科学 *1先任准教授 *2特任教授)

3 疾病管理プログラムとしての心臓リハビリテーション
窪薗琢郎(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科心臓血管・高血圧内科学講師)

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科(泌尿器科)・消化器外科 各1名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。
現在、指定管理者制度により医療法人社団 苑田会様へ病院の管理運営を行っていただいております。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
6階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
2022年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
又、地域から強い要望がありました透析業務を2020年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科)医の先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

●人口(島原半島二次医療圏の雲仙市、南島原市、島原市):126,764人(令和2年国勢調査)
今後はさらに、少子高齢化に対応した訪問看護、訪問介護、訪問診療体制が求められています。又、地域の特色を生かした温泉療法(古くから湯治場として有名で、泉質は塩泉で温泉熱量は日本一)を取り入れてリハビリ療法を充実させた病院を構築していきたいと考えています。

もっと見る

関連物件情報

page top