株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

jmedmook37 あなたも名医!不明熱、攻略 “不明熱”を減らすための考え方をマスターしよう

「不明熱」とはもう呼ばない!だって「不明」じゃないですから!

定価:3,850円
(本体3,500円+税)

数量

カートに入れる

定期購読する

立ち読み

編著: 野口善令(名古屋第二赤十字病院副院長/総合内科部長)
判型: B5判
頁数: 204頁
装丁: カラー
発行日: 2015年04月25日
ISBN: 978-4-7849-6437-6
付録: -

「不明熱(発熱)」の攻略法を本書でマスターしよう!「不明熱」の症例帖ともいうべき本書は、診断に至る鑑別診断のプロセスを症例提示しながら具体的に解説しているので不明熱の「不明」の部分を小さくするための手がかりを見つける思考トレーニングができます。この1冊でさらに臨床の幅をひとまわり拡げて下さい!

診療科: 内科
シリーズ: jmedmook

目次

第1章 総論─不明熱を攻略するために押さえておきたいこと
1 不明熱の攻略のしかた
2 不明熱攻略のためのツールとなる考え方
第2章 +αの情報に着目する!
A リスクファクターの+α
1 海外渡航歴→マラリア
2 腹水特発性細菌性腹膜炎
3 抗悪性腫瘍薬使用歴発熱性好中球減少症
4 入院カテーテル関連感染症
5 性感染症既往HIV感染
6 透析黄色ブドウ球菌菌血症
7 インフルエンザ罹患後黄色ブドウ球菌性肺炎
B 症状の+α
1 悪寒戦慄菌血症
2 関節痛化膿性関節炎
C 身体所見の+α
1 皮疹感染性心内膜炎
2 前立腺圧痛急性細菌性前立腺炎
D 検査の+α
1 異型リンパ球CMV感染症
2 ALP/γ-GTP上昇急性胆管炎
E 手がかりに乏しいのも+α
1 薬剤熱
2 悪性リンパ腫
3 成人Still病
4 血管炎症候群
5 結核性腹膜炎
第3章 疾患の全体像に着目する!
A 超緊急疾患のゲシュタルト
1 急性喉頭蓋炎
2 脾臓摘出後重症感染症
3 壊死性筋膜炎
4 フルニエ壊疽
5 細菌性髄膜炎
6 急性副腎不全
B バイタルから緊急性をとらえる
1 頻呼吸肝膿瘍による重症敗血症
C 知っておきたい全体像
1 クロストリジウム・ディフィシル感染症
2 偽痛風
3 誤嚥性肺炎+尿路感染症
4 CRP低値でも重症
5 全体像を押さえれば意外と難しくないSLEの診断

もっと見る

閉じる

序文

巻頭言
古典的不明熱の定義を提唱したPetersdorfは,「多くの病気が不明熱と診断されているが,その理由は医師が重要な所見を見逃し,無視するためである」と述べています。
「不明熱」とは誰にとっても同じように不明なのではなく, 不明の度合は医師によって違います。最初はむずかしいと感じるかもしれませんが,発熱の攻略法をマスターして日々の診療の中で実践を続けていくことによって不明の部分を小さくすることができます。€
2012年に,名古屋第二赤十字病院総合内科のメンバーにより『この1冊で極める不明熱の診断学』を上梓しました。この本では,経験と文献的な考察を織り交ぜて,+α(プラスアルファ)に注目して原因不明の発熱にアプローチする方法をなるべくわかりやすく言語化し解説しました。€
その後,読者から頂いたフィードバックの中で「診断に至る鑑別診断のプロセスを,症例提示しながら具体的に解説してほしかった」というリクエストがかなりありました。そこで,いつか,不明熱の症例帖のようなものをつくってみたいと考えていたところへ,日本医事新報社からjmedmookでの「不明熱」の企画を頂いたため,診断の思考過程を症例ベースで解説する本としてまとめることにしました。€
本書では,症例の紹介から始まって,(1)+αの情報に着目,(2疾患の全体像に着目の二通りの不明熱の攻略法を示して解説しています。€
ここで取り上げた症例は,名古屋第二赤十字病院総合内科で実際に経験した実臨床例ばかりですが,個人情報保護のために,攻略の手がかりが失われない程度に情報を省略したり脚色したりした部分があることをお断りしておきます。€
本書を読むことで,読者諸氏が「原因がわからない発熱だ。わからない…」とすぐに思考停止してしまうことなく,考える手がかりを見つける思考トレーニングを積み,不明の部分を小さくする段階へステップアップすることに貢献できれば,著者一同の喜びです。€
それでは,「不明熱」の症例帖をお楽しみ下さい。

もっと見る

閉じる

シリーズ書籍

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top