株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

jmedmook74 あなたも名医!眼で見て実践!できる!ジェネラリストのための神経診察【電子版付】

ビジュアルで学ぶからすぐ診療に取り入れられる

定価:3,850円
(本体3,500円+税)

数量

カートに入れる

定期購読する

立ち読み

編著: 難波雄亮(亀田総合病院脳神経内科医長/亀田京橋クリニック内科)
判型: B5判
頁数: 208頁
装丁: カラー
発行日: 2021年06月25日
ISBN: 978-4-7849-6674-5
付録: 無料の電子版(HTML版)が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)

シリアル登録の手順

シリアル登録画面へ

電子版を閲覧


臨床での遭遇頻度が高い神経症候を取り上げ,問診や神経診察の手技について,豊富なイラスト・写真でビジュアルに訴えながらわかりやすく解説。

■症候各論では「病変・障害部位」と「症状が現れる部位」を対応させたイラストを掲載し,部位別の脳機能や症状との関係性について視覚的に理解できます。

■問診・神経診察の結果をもとにしたエキスパートの考え方や判断の下し方についても本文でじっくり紹介。明日からの臨床に活かせる,実践的な知識が満載です。

■「神経診察」について新しく学びたい初学者・研修医,苦手意識のある医師の学び直しにおすすめの1冊!

本書は、Webコンテンツ(PDF版+HTML版)としても別途ご購入いただけます


診療科: 内科 神経内科
  総合診療 診断一般
シリーズ: jmedmook

目次

1章 総論
1 指示動作のできる患者の神経診察
2 指示の入らない患者の一般診察
2章 各論
1 運動系
2 感覚系
3 腱反射
4 脳神経
5 小脳・前庭系
6 意識
7 高次脳機能
8 パーキンソニズム
9 筋
10 髄膜刺激徴候
11 歩行
3章 エキスパートの視点
1 脳卒中診療で使用する神経診察
2 肩こり・頸部痛などで使用する頸椎病変領域の神経診察
3 膠原病診療で必要な神経診察

もっと見る

閉じる

序文

巻頭言


私が研修医になりたての頃は初学者向けの神経診察の教科書は皆無であり,先輩の診察を見て勉強する日々でした。その後,大変わかりやすい神経診察の本がいくつも出版されましたが,内科専攻の先生方からは「神経診察は難しい」との指摘が多いです。
私自身もまだまだ神経診察を勉強している身です。なんとか現場に還元できることがないか研修医の先生方と話しをしていた折に,この企画のお話がありました。本誌は,病院で後輩達に教える内容を「分かりやすく」「よく使用する手技に限定して」「すぐ実践できる」ようにとの想いで編集しています。内容については一般内科医が対象です。神経内科専門医の先生からはいろいろとご指摘があるかもしれませんが,どうかお許し下さい。
本誌を執筆頂いたのは,亀田総合病院に縁のある先生方です。亀田総合病院脳神経内科で習ったこと,その手技をさらに現場で活かすための内容ばかりです。また,国際医療福祉大学大学院の授業でお世話になっている武田英孝先生に,豊富な臨床経験をふまえた診察をご指導頂きました。本書の後半には,脳卒中・頸椎症・膠原病で実践において使用可能なスペシャリストの視点を掲載しました。
教科書を読んで理解したつもりでも,実践できない方が多いです。まずは実践することが大切です。せっかく脳神経内科で神経診察を研修しても,反復できなければ,スポーツと同じようにまた研修前のレベルに戻ってしまいます。是非,本誌を片手に現場で繰り返し診察して下さい。時間はかかりますが,診察手技のレベルは確実に向上します。
本誌を読み,さらに神経診察に興味を持たれた方は,「神経症状の診かた・考えかた:General Neurology のすすめ(著:福武敏夫,医学書院)」をお勧めします。実臨床で培われた経験が凝縮されており,症例を通して本誌で得た知識を深めることが可能です。
この企画に協力して頂きました先生方,そして丁寧に図表を作成して下さった編集スタッフの方々に心から感謝いたします。執筆に多大なる影響を与えて下さいました福武敏夫先生・金城紀与史先生にも感謝申し上げます。
本誌を読まれた先生方と,いつか一緒に仕事ができる日を楽しみにしております。

2021年6月
亀田総合病院脳神経内科医長/亀田京橋クリニック内科 難波雄亮

もっと見る

閉じる

正誤情報

下記の箇所に誤りがございました。謹んでお詫びし訂正いたします。

・ 117ページ 2. 閉眼足踏み試験

本文3行目

【誤】末梢性前庭神経病変がある場合には,病変側に向かって偏倚,回転します(図13B,C)。

【正】末梢性前庭神経病変がある場合には,病変側に向かって偏倚,回転します(図13B)。

もっと見る

閉じる

シリーズ書籍

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top