株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

大動脈瘤

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
熊谷紀一郎 (東北大学大学院医学系研究科大動脈疾患治療開発学寄附講座)
齋木佳克 (東北大学大学院医学系研究科心臓血管外科分野教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    大動脈瘤は大動脈の一部の壁が全周性,または局所性に拡大または突出した状態であり,大動脈瘤が破裂すれば急激にショック状態に至り死亡する。治療は,開胸,開腹による人工血管置換術,またはステントグラフト内挿術が行われている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    大動脈瘤は無症状に経過し,胸部X線や腹部エコー,触診などで偶然に発見される場合が多いが,弓部大動脈瘤で嗄声が出現する場合などもある。

    症状として,胸背部痛や腹痛,腰痛などを伴っている場合は,破裂あるいは切迫破裂の可能性があり,速やかな診断治療が必要である。

    【検査所見】

    造影CTが最も一般的であり,診断治療に必要不可欠なものである。CTにて正常径の1.5倍を超える大動脈の拡大(胸部で45mm,腹部で30mm)を認めた場合,大動脈瘤と診断する(図1)。ただし,嚢状瘤などは大動脈壁が一方向に突出するものであり,大きさで定義されない。

    04_37_大動脈瘤

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top