株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

大動脈解離

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-12
古森公浩 (名古屋大学大学院医学系研究科血管外科分野教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    大動脈解離とは"大動脈壁が中膜のレベルで2層に剥離し,動脈走行に沿ってある長さを持ち二腔になった状態"であり,大動脈壁内に血流,もしくは血腫が存在する動的な病態である。3人/10万人/年の発症頻度である1)

    6割が緊急手術の必要なStanford A型,4割が保存的治療の適応となるB型と言われている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    大動脈解離は,発症直後から経時的な変化を起こすために動的な病態を呈する。また,広範囲の血管に病変が伸展するため種々の病態を示す。病態にかかわらず共通する症状は疼痛(胸部・背部・腰部)である。

    さらに血管の状態を,拡張,破裂,狭窄または閉塞,とわけ,さらに解離の生じている部位との組み合わせでとらえると,多様な病態を理解しやすい。

    臨床治療に応用する分類はStanfordの2型(A,B型)分類とDeBakeyの3型(Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ型)分類がある()。

    04_38_大動脈解離


    拡張では①大動脈弁閉鎖不全,②瘤形成がある。

    破裂では①心タンポナーデ,②胸腔内や他部位への出血がある。

    分枝動脈の狭窄・閉塞による末梢循環障害では①狭心症,心筋梗塞,②脳虚血,③上肢虚血,④対麻痺,⑤腸管虚血,⑥腎不全,⑦下肢虚血がある。

    そのほかの病態では①播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation:DIC),②胸水貯留,③全身性炎症反応症候群(systemic inflammatory response syndrome:SIRS)がある。

    【検査所見】

    CTは解離の診断に関して信頼度の高い非侵襲的検査法であり,客観的に全大動脈を評価できること,さらに緊急に対応して短時間で検査可能なことから,大動脈解離の診断に必要不可欠な検査法と言える。単純CTでは,内膜の石灰化の偏位,解離部のCT値の上昇などが診断のポイントとなる。

    エコー検査も非常に有用である。特に体表エコー検査は非侵襲的で簡便に解離の診断が可能なだけでなく,分枝の解離の有無,あるいは解離に伴う合併症の評価もできる。Stanford A型の合併症である心タンポナーデ,大動脈弁逆流・分枝への解離の進行や血流状態・心機能を評価しておくことは非常に重要である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top