株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

呼吸窮迫症候群[私の治療]

No.5096 (2021年12月25日発行) P.51

鹿島晃平 (東京大学医学部附属病院小児科)

登録日: 2021-12-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 呼吸窮迫症候群(respiratory distress syndrome:RDS)は肺サーファクタントの欠乏により肺胞構造が維持できず虚脱し,酸素化換気障害をきたす早産児の代表的呼吸障害である1)。早産であるほど頻度は高くなり,発症率は在胎22~24週では95%以上1),在胎28週未満で50%,在胎28~31週で30%,在胎32~36週で10%2)とされている。

    ▶診断のポイント

    【症状】

    古典的な臨床症状は,呻吟,陥没呼吸,鼻翼呼吸,チアノーゼ,酸素需要の増加,無呼吸である。出生時は症状がなくても,次第に所見が増悪し発症することも多い。ただし,上記症状は他の呼吸器疾患にも共通しており,非呼吸器疾患でもみられる。

    【リスク因子】

    発生頻度が高くなるのは,早産,帝王切開,男児,母体糖尿病,新生児仮死である3)。対して,発生頻度が低くなるのは,母体へのベタメタゾン筋注,母体の妊娠高血圧症候群,胎児発育不全(FGR),長期破水,絨毛膜羊膜炎である3)

    【検査所見】

    胸部X線写真で①肺容量低下と,②網状顆粒状陰影またはすりガラス様陰影,および③気管支透亮像(air bronchogram)を認める。胸部X線所見によるRDSの重症度評価としてはBomsel分類*1が代表的である。類似のX線所見を呈する疾患として,呼吸器疾患すべて(胎便吸引症候群,肺炎など)が鑑別に挙がるが,心疾患〔特に新生児遷延性肺高血圧症(PPHN),総肺静脈還流異常症(TAPVC)〕を忘れてはならない。RDSの発症予知も含めた迅速診断にマイクロバブルテスト*2も有用であるが,感度が80%と高くはないため,カットオフ値以上でもRDSはみられる。

    *1 Bomsel分類:Ⅰ度は肺野透過性および中央陰影の輪郭は正常で,微細な顆粒状陰影を主に末梢部に認めるのみで,air bronchogramは欠如もしくは不鮮明。Ⅱ度は中央陰影の輪郭は鮮明だが,肺野透過性は軽度低下しており,網状顆粒状陰影を全肺野に認め,air bronchogramを鮮明に認める。Ⅲ度は肺野透過性の著明な低下,中央陰影の輪郭不鮮明で拡大も認め,顆粒状陰影は粗大で,air bronchogramを鮮明に認める(図)。Ⅳ度は全肺野が濃厚影で覆われ,中央陰影の輪郭は消失し,air bronchogramを鮮明に認める。

    *2 マイクロバブルテスト:早産児の出生時羊水または胃液(嚥下羊水)を用いて,パスツールピペットで6秒間に20回の頻度で泡立て,1mm2当たり直径15μm未満の安定小泡を数える。小泡数が少ない場合(15個/mm2未満)にRDSと診断する。

    残り1,153文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    もっと見る

    page top