株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

小児から高齢者まで、スキンケアはこれで解決!「確実に身につけておきたい 保湿剤・保護剤によるスキンケアと使い方のポイント」

登録日: 2021-09-24

最終更新日: 2021-09-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小児から高齢者まで、スキンケアはこれで解決!

●執筆
五十嵐敦之(NTT 東日本関東病院皮膚科部長)

●商品説明
判型:A4判
頁数:23頁、表:11点、図:13点
発行日:2021年9月17日
1,100円(税込)

●内容紹介
▷高齢者の低下した皮膚生理機能の補完や、皮膚バリア機能の低下したアトピー性皮膚炎の治療には保湿剤によるスキンケアが欠かせません。また、透析患者、糖尿病患者,抗がん剤治療患者などでも皮膚乾燥の是正のために保湿剤が必要です。
▷一方、最近になって保湿剤の適正使用についての問題提起もあり、モラルのある使用が求められています。
▷本コンテンツでは、保湿剤を必要とする皮膚状態に基づいた、保湿剤の種類や剤形による使い分け、具体的な使用方法を表や写真を多く用いてわかりやすく紹介しています。これで小児から高齢者まで、スキンケアのポイントがわかります。

【目次】
Ⅰ:総論
 1.保湿剤が必要な状態とは
 2.皮膚バリア機能を規定する因子
 3.皮脂欠乏症の発症要因
 4.保湿剤をめぐる最近の問題
 5.皮脂欠乏症の診断基準作成の必要性
 6.保湿剤の種類と使用方法
Ⅱ:各論
 1.小児のスキンケア
 2.アトピー性皮膚炎のスキンケア
 3.高齢者のスキンケアv  4.全身性疾患、医原性に伴う皮脂欠乏症


「もしかしたら腹膜炎?」と疑う所見はコレだ!

●執筆
谷掛雅人(京都市立病院放射線診断科・IVR 科部長)

●商品説明
判型:A4判
頁数:15頁 図:11点
発行日:2021年9月15日
1,100円(税込)
※本商品は「週刊 日本医事新報」5077号の特集を再構成したものです

●内容紹介
▷「急性腹症診療ガイドライン2015」によると、医療訴訟になった腹痛をきたしうる疾患の第1位が腹膜炎であると記載されています。
▷腹膜は薄い構造で通常はCTでは認識しにくいものの、腹腔内の臓器、腹壁を覆う広範囲に存在します。いったん炎症を生じると、その変化を表した異常所見が様々な部位に認識できます。
▷本コンテンツでは、急性腹膜炎のCT所見について、「腹膜の肥厚」「脂肪組織濃度の上昇」「小腸の変化」など、5つのポイントを中心に、豊富な画像をもとにして詳細に解説しています。 ▷腹膜炎は、まず「疑う」ことが重要。腹膜炎を“感じ取る”ためのエッセンスがここにあります!

【目次】
Introduction
はじめに─急性腹膜炎の画像所見
ポイント1:腹膜の肥厚
ポイント2:腹腔内脂肪組織濃度の上昇
ポイント3:造影CT動脈相における肝表面の異常濃染
ポイント4:小腸の変化
ポイント5:不自然な腹水
まとめ


日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツ(PDF+HTMLのハイブリッド版)です。

購入いただくと、①ダウンロード式でどこでも読めるPDF版と、②シリアルナンバー登録で利用できスマホでも読みやすいHTML版(別途通信が必要です)の両方が利用できます。
※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。
シリアルナンバーの登録・利用方法は下記をご参照ください。
https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/

おすすめ関連商品

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top