株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

てんかん[私の治療]

No.5073 (2021年07月17日発行) P.36

十河正弥 (神戸大学大学院医学研究科脳神経内科学)

池田昭夫 (京都大学大学院医学研究科てんかん・運動異常生理学講座特定教授)

登録日: 2021-07-16

最終更新日: 2021-07-13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • てんかんは慢性の脳疾患で,大脳の神経細胞が過剰に興奮するために症状(発作)が反復性に起こるものであり,人口の1%弱に起こる頻度の高い神経疾患である。てんかん診療においては,発作症状と病歴を整理しててんかんかどうかを判断し,てんかんであれば的確な「発作型分類」(表1)1),「てんかん病型分類」(表2)1),併存疾患の有無,併用薬との相互作用に留意し,適切な抗てんかん薬の選択,効果や副作用のモニタリングをしていくことが重要となる。

    ▶診断のポイント

    典型的な全身の痙攣発作以外にも意識減損や自動症のみを呈するなど多様な発作型があり,失神等との鑑別のためにも,診断にはどのような状況でどのような発作が起こったかという病歴聴取が最も重要である。加えて,脳波,脳形態画像検査,機能画像を含めて総合的に判断する。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    初回の非誘発性の発作患者では,原則として抗てんかん薬による治療は開始しないが,神経学的異常,脳波異常,神経画像の異常所見,てんかんの家族歴が陽性の症例では,再発率が高いため治療開始を考慮する2)

    内服治療以外にも,入浴,運転,就職,妊娠などの社会的側面に配慮しながら,包括的な診療を行う必要がある。

    部分てんかんの第一選択薬はカルバマゼピン,ラモトリギン,レベチラセタム,ゾニサミド,トピラマート,第二選択薬はフェニトイン,バルプロ酸,クロバザム,クロナゼパム,フェノバルビタール,ガバペンチン,ラコサミド,ペランパネル,全般てんかんの第一選択薬はバルプロ酸,第二選択薬はラモトリギン,レベチラセタム,トピラマート,ゾニサミド,クロバザム,フェノバルビタール,フェニトイン,ぺランパネルが推奨される3)

    腎機能障害,肝機能障害を合併した患者では,肝代謝(バルプロ酸,フェニトイン,カルバマゼピン,フェノバルビタール,ベンゾジアゼピン系),肝腎代謝(トピラマート,ラモトリギン),腎代謝(ガバペンチン,レベチラセタム)に応じて選択し,血中濃度測定が推奨される。

    残り1,975文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    もっと見る

    関連物件情報

    page top