株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

めまいを治して世界に羽ばたいた症例[プラタナス]

No.5062 (2021年05月01日発行) P.3

五島史行 (東海大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科准教授)

登録日: 2021-05-01

最終更新日: 2021-04-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 症例は23歳、女性。X年1月就職1年目、めまいと頭痛のため都内の実家で療養中に受診。都内出身であるが大阪での単身赴任のストレスにより、めまいと片頭痛が悪化し、片頭痛めまいとなっていた。片頭痛は遺伝性があるので母、祖母の頭痛歴を聴取すると、双方ともに片頭痛持ちであることがわかった。この病気は病気と言うよりは体質で、ストレスで症状が悪化することを説明した。

    筆者自身、関西人の嫁と結婚し、関東と関西の文化の違いに日々、頭を悩ませていたため、痛いほど患者の大阪生活の苦痛に共感することができた。しかし、なぜ関西勤務になっているのかという背景に踏み込むと、「自分自身の第一希望の就職先は航空会社であったが、残念ながら不合格で滑り止めの百貨店勤務となった。1年目の研修のため、本社のある大阪勤務になった」とのことであった。

    残り530文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top