株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

診療の質を高める 外来でのこの一言!

「今すぐ使える」医学実用書!

定価:2,420円
(本体2,200円+税)

数量

カートに入れる

編集: 日本プライマリ・ケア学会( )
判型: 新書判
頁数: 216頁
装丁: 単色
発行日: 2004年12月10日
ISBN: 978-4-7849-4232-9
版数: 第1版
付録: -

第一線の医師が診療場面におけるとっておきの「キーワード」「キーフレーズ」を披露しています。プライマリ・ケアのエッセンスを「一言」に濃縮しており,外来診療のレベルアップがはかれます。研修医から開業医まで,外来に携わるすべての医師にとって,正真正銘「読んだその日から診療に役立つ」実用医学書であり,楽しみながら読めて,コミュニケーション・スキルの向上に役立つ一冊です。

診療科: その他 エッセイ
シリーズ: junior新書

目次

第一章 挨拶にまつわる一言
第二章 問診での一言
第三章 検査・診察中の一言
第四章 治療・診療方針にまつわる一言
第五章 生活指導・リハビリなどでの一言
第六章 自分への一言

もっと見る

閉じる

序文

序 文
€


€ 日本プライマリ・ケア学会会長 小松 真

この度、日本プライマリ・ケア学会では、日本医事新報社のご協力を得て、『医療の質を高める 外来でのこの一言!』を刊行することとなりました。日本プライマリ・ケア学会は、全人的医療を遂行するに当たって、特に医師と患者さんやその家族、広くは国民との良質な関係を築くために、実地医家を中心に設立された学会で、コミュニケーション・スキルの向上をモットーとしています。医療の中で、医師と患者さんや家族との間で交わされる言葉ほど大切なものはありません。さりげない一言で病める人の心を癒し、生きる望みを支えることもあれば、不用意な言葉で心を痛めたり、不安・絶望に陥れることもあります。医師は忙しい外来の中で、診療や検査、そして治療を行いながら、患者さんのライフスタイルやこれまでの病歴、家族との関係などを考慮して、様々な言葉を交わしています。このさりげない言葉が、日本の医療の質の向上に、どのように役立っているのかを検証するのも学会の役割と考え、会員の中から、経験豊富な医師を中心に、若手の医師や一部公募の形もとって、外来での一言を寄せていただきました。
この中に盛られた言葉は、まさに心にしみるものばかりですが、読むほどに、ああそうだったのかと納得したり反省したり、寄せられた医師ひとりひとりの医療に向かい合う真摯な姿が読み取れ、読む人の心を深めてくれるでしょう。この本では「外来でのこの一言」となっていますが、医師の活動の場は広く、日常的に国民のあらゆる層と対話を重ねています。そこには医療の質を高める貴重な言葉があるでしょう。改めて検証してみたいと考えています。
この本は、医学生・研修生そしてこれから地域医療を目指す医師に是非おすすめしたい一冊です。そして先輩たちの医療に立ち向かう姿としてくみとっていただければ幸いです。
また、国民の皆様にもお読みいただき、逆に皆様から医師への問いかける言葉として、何か示唆をいただければありがたいと思います。
最後に本書の出版に当たり、大変ご支援をいただきました日本医事新報社に、深く感謝の意を表します。

平成一六年一一月

もっと見る

閉じる

レビュー

『診療の質を高める 外来でのこの一言!』レビュー

日野原 重明/聖路加国際病院名誉院長
書評
日本プライマリ・ケア学会は、好評のシリーズ第一巻『診療の質を高める外来でのこの一言!』(2004年12月発行)に引き続いて、このたび、『ケアの質を高める在宅でのこの一言!』を出版した。
現在、在宅ケアが国策としても勧められつつある。一般病院や専門病院での医療が、第二次医療、第三次医療といわれるのに対し、患者が何か異常を感じるとか、健康上の不安を持った時に、まず最初に接するのがプライマリ・ケア、家庭医またはかかりつけ医である。
そして、各種検査がなされていない時でも、上手に仕分けをして、自分でできることはこれを行い、またタイミングよく病院その他に紹介する役を担うのがプライマリ・ケア医なのである。
外来診療と違って往診では、患者や家族、介護者たちと、外来よりもう少し突っ込んで会話ができる。また、何が療養上必要かが、患者の環境をみることにより、往診医にはわかる。
「挨拶にまつわる一言」にはじまり「看取り」、そして最後に「ハッとした一言、胸に刻む一言」と、「かかりつけ医」であるプライマリ・ケア学会の会員 97名それぞれの、自身の診療経験から勝ち取ったコミュニケーションの技が、本書にて紹介される一言の中に窺われる。
診断と治療・予防の知識ではなく、患者や家族に教育や励まし、勇気を与える言葉の贈りものとして、読者はこの本を有効に実用してほしい。

もっと見る

閉じる

『診療の質を高める 外来でのこの一言!』レビュー

矢吹清人/日本プライマリ・ケア学会広報担当常務理事
文字通り「外来でのこの一言」に絞って、プライマリ・ケア現場の第一線の医師がそのエッセンスを多彩にまた存分に披露している。
日本全国の診察室で毎日何百万回あるいは何千万回も交わされている医師と患者との会話の中身は、その二人だけにしか知り得ない。そう考えると、医師は、他の医師がどのような態度でどのように患者と話をしているかを知る機会が意外に少ないことに気がつく。
また、もし、そのような機会に恵まれたとしても、ただ漫然と傍観しただけでは双方の会話の中から患者との心をつなぐ「キー・ワード」や「キー・フレーズ」をキャッチすることは容易ではない。それを本書は、主人公である医師が現場中継をしながら、その一言の「意味」と「心」とをわかりやすく読者に解説してくれているのがうれしい。読者が気に入った一言を真似すれば、すぐに診療の質が確実にアップする本当の実用医学書である。

もっと見る

閉じる

シリーズ書籍

関連書籍

もっと見る

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top