株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

急性弛緩性脊髄炎[私の治療]

No.5060 (2021年04月17日発行) P.49

水口 雅 (東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻発達医科学分野教授)

登録日: 2021-04-14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • ウイルス感染症に合併する脊髄炎で,小児に多い。病原ウイルスは主にピコルナウイルス科であり,1960年代まではポリオウイルス,1990~2000年代はエンテロウイルスA71型が多かったが,2010年代に入ってエンテロウイルスD68型が主流となった。D68型による急性弛緩性脊髄炎は夏~秋に多い。

    ▶診断のポイント

    主に臨床像(急性弛緩性麻痺)と画像所見(MRI上の脊髄病変)により診断する。臨床的には発熱と上気道炎症状(喘鳴,咳嗽,鼻汁)の3~5日後に弛緩性麻痺が急性発症し,数時間~数日で進行する。麻痺には左右差があり,上肢優位,近位優位であることが多く,患者により1~4肢に及ぶ。頸,体幹,呼吸筋,球筋,外眼筋の罹患もありうる。MRIでは病初期から脊髄灰白質に縦に長大なT2延長病変が認められ,浮腫を伴う。第2病週には脊髄神経根(前根)に造影剤による増強効果がみられる。鑑別診断の対象は,各種の脊髄炎,脊髄梗塞,ギラン・バレー症候群などである。

    また病原ウイルス同定のため,咽頭拭い液や血液などの検体を採取してウイルス学的検査に供することも重要である。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    急性弛緩性脊髄炎の急性期には,呼吸管理を中心に支持療法を基本とする。

    エンテロウイルスD68型による急性弛緩性脊髄炎の病理は,ウイルスの直接侵襲による脊髄炎であり,これに対して臨床的に有効性が証明された薬物治療はない。しかし動物実験における効果,および製剤中に含まれる中和抗体に期待して,免疫グロブリンを静注する。回復期以降は,残存した運動麻痺に対するリハビリテーションを行い,一部の症例では機能再建術の適応を検討する。

    2015年に日本で多発した急性弛緩性脊髄炎の症例に関する多施設共同研究の成果が公表されているので,治療方針をたてる際の根拠とできる1)

    残り1,105文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    もっと見る

    page top