株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

日本イーライリリー:片頭痛発作の発症を抑制、「エムガルティ」承認でセミナー[新薬開発・販売 FRONTLINE]

No.5055 (2021年03月13日発行) P.15

登録日: 2021-03-10

最終更新日: 2021-03-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本イーライリリーは2月25日、「片頭痛発作の発症抑制」の効能・効果で国内での製造販売承認を1月に取得した新薬「エムガルティ皮下注」(一般名:ガルカネズマブ)についてメディア向けセミナー(オンライン)を開催した。

エムガルティは、イーライリリー・アンド・カンパニーが創製したヒト化抗CGRPモノクローナル抗体。三叉神経節や硬膜上の三叉神経末梢に存在する神経ペプチドで、過剰に発現すると血管拡張作用や神経原性炎症を介して片頭痛発作を引き起こすCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)の活性を阻害し、片頭痛発作の発症を抑制するとされている。現在米国など約40カ国で承認されている。

セミナーで講演した日本頭痛学会代表理事の平田幸一氏(写真)は「片頭痛の支障度は時に非常に高く生産性に影響する」として、片頭痛が労働生産性などに与える影響の大きさを強調。埼玉精神神経センター埼玉国際頭痛センター長の坂井文彦氏は、他剤で効果不十分な片頭痛患者を対象とした国際共同第Ⅲ相試験でエムガルティ群はプラセボ群に比べ1カ月当たりの片頭痛日数が4.1日減少したことなどを説明した。

エムガルティ皮下注はオートインジェクターとシリンジの2種類が販売される予定。

「エムガルティ皮下注」の効能・効果/用法・用量
【効能・効果】片頭痛発作の発症抑制 【用法・用量】初回に240mgを皮下投与、以降は1カ月間隔で120mgを皮下投与

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top