株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

特集:ステージ別 心不全緩和ケア

No.5029 (2020年09月12日発行) P.18

大石醒悟 (兵庫県立姫路循環器病センター循環器内科医長)

登録日: 2020-09-11

最終更新日: 2020-09-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2005年北海道大学医学部卒業。神戸市立中央市民病院,国立循環器病センター心臓血管内科レジデントを経て,2010年より現職。侵襲的治療に関わりながら全人的治療とはどのようなものかを考える日常を過ごしている。資格:循環器専門医,植込型補助人工心臓管理医,日本緩和医療学会認定医など。

はじめに

適切な治療が行えているかを医療者は再確認するとともに,並行して患者の抱える苦痛を評価し,患者の価値観をふまえた方針決定を行っていく。そのような考え方に基づく緩和ケアは心不全のみならず多くの疾患へ提供されうるものである。本稿では以下に示した部分について述べていきたい。

1. 心不全のステージ分類
①心不全は進行性の疾患であり,ステージを意識した治療が重要である。
②ステージA, Bは無症候の段階,ステージCは症状出現から有症候期,ステージDは末期の段階に相当する。

2. 緩和ケアとは何か?
①緩和ケアは疾病により生じる苦痛を早期に見出し,QOLを向上させるアプローチである。
②疾患は限定されず,提供時期も終末期に限定したものではない。

3. 心不全治療と緩和ケア
①心不全は治療行為が症状緩和に通じる。
②通常治療で残存する苦痛への介入をすることが緩和ケアであり,決して特別な行為ではない。

4. ステージ別の緩和ケア
①ステージA, Bでは疾病理解と進行予防に努める。
②ステージCでは,心不全の経過を自分事としてとらえてもらえるよう支援し,苦痛があれば介入する。
③ステージDでは,治療経過を確認し,必要に応じて苦痛への介入を行う。

5. 緩和ケアにおける意思決定支援
①患者の価値観をふまえた意思決定支援を行う。
②決定の主体は患者である。
③患者に発言してもらうことは有用である。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

page top