株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

糖尿病診療はAKB[プラタナス]

No.5017 (2020年06月20日発行) P.3

大西由希子 (朝日生命成人病研究所治験部長)

登録日: 2020-06-20

最終更新日: 2020-06-17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • アメリカで2型糖尿病と診断されたアメリカ人の彼は、身長180cm、体重143kg、BMI 44、初診時のHbA1cは11.5%で、インスリンを1日合計50単位打っていた。これほどの単位のインスリン注射が必要だから、きっとこの人は一生インスリンを打っていくだろうと最初は思った。本人も前医から同様に言われたらしく、とても落ち込んでいた。

    いやいや、しかし、最初から諦めてはいけない。ここまで太ることができたということは、よっぽど強靱な膵臓のインスリン分泌力を持っていたに違いない。糖尿病診療はAKB。きっとこの人は痩せられると「A:あきらめない」「K:根気よく」「B:believe 信じて」減量のアドバイスをした。

    残り612文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top