株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

この“ぽっこり”なんですか?[プラタナス]

No.5005 (2020年03月28日発行) P.3

坂本 壮 (総合病院国保旭中央病院救急救命科医長)

登録日: 2020-03-28

最終更新日: 2020-03-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 74歳女性が、左側腹部の腫脹を主訴に外来にやってきた(写真)。「悪いものじゃないですか?がんとか心配で……」と不安そうな顔をしていた。自宅近くのクリニックでは診断がつかず、大学病院の外来を受診したのだ。初療にあたった初期研修医は詳しく病歴を聞き、今までの検査結果などを整理し、慣れないエコーを当て、また悩んでいた。

    私が隣の診察室で診療していたところ、研修医が相談にきた。「ヘルニアのようなのですが、痛みもないし、なんだかよくわかりません。本人は元気で食欲もあって前医の採血でも異常は認められません」。私は、「数週間前に同じ所に痛みはなかった?」と質問した。研修医はあっけらかんとした顔をして「数週間前ですか?」と怪訝そうに私を見た。

    残り694文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top