株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

今後の医療の未来予想図:最良と最悪のパターン[特集:医療の近未来予想図]

No.4958 (2019年05月04日発行) P.41

澤 芳樹 (大阪大学大学院医学系研究科外科学講座 心臓血管外科学教授)

登録日: 2019-05-03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 私は、10年先を実行することを教室のmissionと考え、教室運営を行ってきた。世界の情勢を見極めながら、いち早く新しい医療技術や基礎研究の応用を取り込んだり開発したりすることで、この10年間において循環器医療は大きく進んだと言っても過言ではない。しかし、最近の世界情勢はきわめて読みにくい状況になっている。技術の進歩、特にITやAI等の技術革新の医療への導入はもちろん良い因子だが、一方で、拡散しすぎるSNSや国家の関係、つまりは人間のエゴは複雑すぎる。そこで、私は今後の医療の未来予想図として最良と最悪の二つのパターンを予想している。

    最良の場合、技術革新によって、まずAI診断やゲノム医療による医療の合理化が達成される。そうすると予測医学で予防医学が進歩する。一方、ロボティックス等革新医療機器で治療手技が超低侵襲化し、医師の活動や領域も大きく変化する。iPS細胞による再生医療が完成し、臓器不全が克服されていく。さらに、がんや循環器疾患など多くの病気や感染症が制御されたり克服される。ひょっとすると、アンチエイジングも本物の効果を発揮し、老化の制御や認知症も回復できるようになる可能性がある。その結果、多くの人が元気に天寿を全うし、欧米や日本は人生100歳以上の時代になりうる。

    残り370文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top