株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

深読みしない Dr.田宮&Dr.村川の心電図ディスカッション

読み過ぎちゃうと読めなくなるんです

定価:4,860円
(本体4,500円+税)

数量

カートに入れる

立ち読み

著: 田宮栄治(社会医療法人社団順江会江東病院 副院長,循環器内科部長)
著: 村川裕二(帝京大学医学部附属溝口病院 第4内科・中央検査部教授)
判型: B5判
頁数: 184頁
装丁: 2色刷
発行日: 2017年02月13日
ISBN: 978-4-7849-4285-5
版数: 第1版
付録: -

●一生懸命心電図を読もうとしているのに読めない!?そんな方にお贈りする,心電図の読み過ぎない読み方が学べる本です。
●42例の心電図について,ディスカッション。気心知れた2人のライブ感たっぷりのやりとりから,大事なところ/そうでもないところの"勘ドコロ"が楽しく学べます。(提示した症例は,細部まで実話ですが,プライバシーに配慮して再構成してあります)
●ディスカッションの途中で生じた疑問については,「調べたこと・文献」を付けました。理解を深めるのにお役立て下さい。

診療科: 内科 循環器内科

目次

CASE 01  正常心電図  症状なく,心電図と心エコーに異常を認めなかった2枝閉塞例
CASE 02  下壁のSTEMI  高度のST上昇を認めた下壁のSTEMI
CASE 03  下壁のSTEMI  対側誘導におけるST低下のほうが顕著であった下壁のSTEMI
CASE 04  前壁中隔のSTEMI  高度のST上昇を認めた前壁中隔STEMI
CASE 05  前壁中隔のNSTEMI  重症3枝病変であったT波軽度陰転のみのNSTEMI
CASE 06  PSVT  ATPの急速静注にて15連のVT後,洞調律に戻ったPSVT
CASE 07  PSVT  著明なST低下により,冠動脈疾患の合併が示唆されたPSVT
CASE 08  通常型AFL  ベラパミルとピルシカイニドを使用した頻拍性通常型AFL
CASE 09  洞頻拍  運動時に胸痛を訴えた小児の洞頻拍
CASE 10  高齢者のAF  ワーファリン使用中の高齢者のAF
CASE 11  PAF  洞調律に戻る際,やや長い休止を生じた頻拍性のPAF
CASE 12  CAVB  心拍数が保たれ,休止もない房室接合部補充調律が続くCAVB
CASE 13  CAVB  心室補充調律が続くCAVB
CASE 14  CAVB  約8秒間補充調律が出なかった発作性CAVB
CASE 15  高度AVB  間欠性の二束ブロックに合併
CASE 16  Ⅱ度AVB  中年以降のWenckebach型Ⅱ度AVB
CASE 17  間欠性AVB  QRS脱落前のPR時間がほんの少し延びただけの間欠性Wenckebach型AVB
CASE 18  PR短縮  壮年男性に偶然見つかったPR短縮
CASE 19  ジギタリス中毒  典型的なシナリオ通りに生じたジギタリス中毒
CASE 20  急性心膜心筋炎  NSAIDsで5日後にCRPが陰性化した急性心膜心筋炎
CASE 21  高カリウム血症  高カリウム血症に徐脈+テントT+P波平低化を示した慢性腎不全
CASE 22  高T波と非特異的ST-T変化  “T波の上に指を乗せてもチクチク痛くない”高T波と中年以降の女性に多い非特異的ST−T変化
CASE 23  高度の低P波  将来的にSSS発症が懸念される高度の低P波
CASE 24  低カリウム血症によるQT延長  Torsades de Pointesを生じなかった高度の低カリウム血症によるQT延長
CASE 25  心拍数上昇でST低下  ダブルマスタでST低下が少し遷延した重症3枝病変
CASE 26  心拍数上昇で高度のST低下  もともと軽度のST-T変化があり,心拍数上昇時に高度のST低下を認めた0枝病変
CASE 27  甲状腺機能低下症  ホルモン補充療法により心膜液が消失した3枝病変の甲状腺機能低下症
CASE 28  ホルターで高度SSS  12誘導心電図は異常ないが,ホルターで明らかなSSSを認めためまい症例
CASE 29  抗不整脈薬の副作用  軽度腎機能低下のPAFにサンリズム®を使用した4日後,急に生じたwide QRS
CASE 30  CRBBB  高齢者にみられたCRBBB
CASE 31  CLBBB  STEMIと間違えやすい波形を呈した96歳のCLBBB
CASE 32  wide QRS  植え込み後かなりのwide QRSを呈したDDDペースメーカ
CASE 33  ペースメーカ不全  遠隔モニタリングがない時代に,ペースメーカの異常を患者が気付き,事なきを得たリード断線
CASE 34  左室壁在血栓  左室瘤に合併した巨大血栓
CASE 35  肺高血圧症  V1-V4にQS波を認めた著明な肺高血圧症
CASE 36  急性肺血栓塞栓症  肺動脈血栓内膜摘除術を依頼した高度の急性肺血栓塞栓症
CASE 37  肺性P  心電図で予想された通りの肺疾患と体型であった肺性P
CASE 38  ST-T変化を伴わない高電位差  ST-T変化を伴わない高電位差は左室肥大とはいえない
CASE 39  心尖部肥大型心筋症  高電位差で胸部左側誘導にて巨大陰性T波を認めれば,心尖部肥大型心筋症
CASE 40  高血圧性心疾患  クリニカルシナリオ以外の治療によりほぼ正常化した高血圧性心疾患
CASE 41  Brugada型心電図  年に1〜2回のホルターで経過観察が行われていたBrugada型心電図
CASE 42  OMIに合併したVT  EFが著明に低下し,心不全とVT,VFによる失神を起こしたOMI

もっと見る

閉じる

序文


心電図は循環器診療の入り口。
2011年に出版した『捨てる心電図 拾う心電図』では,ありふれた心電図について,治療を急ぐのか,のんびりしていていいのか二人でディスカッションしました。
ご好評に感謝。

そして,第二弾──
『深読みしない Dr.田宮&Dr.村川の心電図ディスカッション』をお送りします。
基本的な<心電図の読み方・診断・治療>を解説しました。
議論している中で生じた疑問点は,ガイドラインや論文で調べました。
ぜんぶ本当のストーリー。
<本音>や<雑談>も,<よくわからないと悩んだこと>もそのまま。
「現場で役立つ知識」だけでなく,「心電図を楽しむヒント」も載っています。

私たちは30年前に同じ病院で働き,心カテも一緒に行った仲間です。長い年月を経て『捨てる心電図・拾う心電図』の本づくりで再会しました。
幸運な経験。
そして,もう1冊。
欲張りですね。

この本も,皆さんにも楽しんで頂けると嬉しいです。

2016年師走  田宮栄治,村川裕二

もっと見る

閉じる

レビュー

「教科書では決して学べない、気軽に読める心電図の指南書」

羽田勝征 榊原記念クリニック循環器内科/埼玉医科大学総合医療センター心臓内科客員教授
本書は村川裕二先生、田宮栄治先生コンビの『捨てる心電図 拾う心電図』(日本医事新報社刊 2010年)に続く2作目である。田宮先生は私が30年ほど前、JR東京総合病院に赴任したときから血液透析や心エコー、CT、心カテ(後にインターベンション)まで何でもこなすオールラウンドのcardiologistとして活躍しており、大学から心電図の大家として助っ人に来てくれた村川先生ともども、後輩というよりはむしろ楽しく一緒に働いた仲間であった。
ヒポクラテスの時代から、診療にはArs(=Art)が尊ばれてきた。今日、Artは医術であり、「経験による技の習得」である。これはphysical examinationに限らず、広義にはすべての検査所見の読影に通じる技と言える。ガイドラインやエビデンスがすべてではない。心電図の読影は、胸部X線写真とともに、循環器専門医をめざす若い医師が最初に学ぶ基本中の基本である。
本書は、前作同様に2人の掛け合いで読影のコツを語る内容となっている。スタイルは、田宮先生による42症例の心電図提示に続く2人の談義、そして疑問に関する文献の提示、本例への対応、教訓、という構成である。どの症例も我々がよく経験する心電図で、虚血性心疾患4例、各種不整脈(PSVT、心房粗細動、房室ブロック、SSS、VTなど)15例、その他にも、脚ブロック、QT延長、Brugada心電図、肺血栓塞栓症、代謝疾患と多岐にわたり、いずれも教訓的記述に徹している。高カリウム血症のテント状T波は、触ると痛そうかどうかで判断するなど、前作同様“村川節”が随所にみられ、その独断的発言は魅力である。教科書では決して学べない、気軽に読める心電図の指南書となっている。
良き診療をめざしてArtの習得に励もうとする、あるいは励んでいる若い先生方にとって、本書はその一助になると確信している。筆者自身、にんまりしつつ、時にはドキッと反省しながら楽しく一読することができた1冊である。

もっと見る

閉じる

関連書籍

もっと見る

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

関連物件情報

もっと見る

page top