株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

感染性心内膜炎

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-04-24
仲村輝也 (国際医療福祉大学三田病院心臓外科教授)
澤 芳樹 (大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    感染性心内膜炎(infective endocarditis:IE)は,心内膜,弁やその支持組織に感染巣(いわゆる疣腫:vegetation)を形成し,菌血症,全身塞栓症,弁破壊による心不全,伝導障害など重篤な臨床症状を呈する全身の敗血症性疾患である。

    IEは先天性心疾患や弁膜症,人工弁置換後などの基礎疾患が原因で非細菌性血栓性心内膜炎(non-bacterial thrombotic endocarditis:NBTE)の状態となり,さらに口腔内感染や尿路感染症などによる一過性の菌血症状態を生じ,その部位に疣腫が形成され発症すると考えられる。また,透析や静注薬物常用も菌血症を生じやすいためにハイリスクである。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    発熱,悪寒,全身倦怠などの敗血症症状,心雑音,心不全,塞栓症状(意識障害,腎不全,感染性動脈瘤など)など多彩であり,古典的には糸球体腎炎,Roth斑,Osler結節なども知られる。

    【検査所見】

    〈血液培養〉

    24時間以上で連続3回の培養を行う。

    感染性心内膜炎の菌血症は持続性のものであるので,必ずしも発熱時を待つ必要はない。また,動脈血と静脈血で培養陽性率に差はないので,静脈血培養でよい1)

    原因菌としては,連鎖球菌(~50%)や黄色ブドウ球菌(~30%)が多い2)

    Streptococcus viridansStreptococcus bovis,HACEK群はIEに非常に特異的である。培養陰性心内膜炎が5~30%程度あるとされており,その多くは投与中の抗菌薬の影響であるが,稀に難培養微生物(fastidious bacteria)や真菌などの可能性もある。

    必要に応じて血清学的検査やPCR法による同定を行う1)

    〈心エコー検査〉

    診断大基準にみられる疣腫,膿瘍,人工弁裂開の証明が重要である。経胸壁心エコーを第一に行い,診断がつかなくとも臨床的に疑わしい場合は経食道心エコー検査を行う。

    〈診断基準〉

    IEの診断には従来から血液培養と心エコー検査を主体としたDukes診断基準が用いられるが,新しいESCガイドライン1)の診断基準では18F-FDG,PETなど新しい画像診断法も参考とされる(表1)。

    04_57_感染性心内膜炎

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top