株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

急性心膜炎

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-09-22
尾上健児 (奈良県立医科大学第1内科)
斎藤能彦 (奈良県立医科大学第1内科教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    感染症や自己免疫疾患により生じる心膜(心外膜)の炎症,およびそれに伴う諸症状。

    胸痛患者の約1~5%を占め,16~65歳の男性で発症頻度が高いとされる1)

    主な原因は表1のように挙げられる。ウイルス性や自己免疫性,肺高血圧や心不全に伴うものが多い。

    04_34_急性心膜炎

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    大多数が胸痛を呈する。虚血性心疾患でみられる胸部絞扼感・圧迫感は非典型的であり,前胸部に突然の鋭い疼痛として発症する。

    背部僧帽筋への放散痛を呈することもあり,通常は坐位で緩和,仰臥位で増悪する。呼吸困難,発熱や関節リウマチ・SLEなどの全身検索で診断されることもある。

    前駆症状として感冒様症状や自己免疫疾患,悪性疾患を疑わせるものを伴う。ウイルス性が最多の原因であり,良好な経過をたどることが多いため,後述する重症化指標がない限り,積極的な原因検索は基本的に必須ではない。

    大部分は良好な経過をたどる。

    腫瘍性,結核性を含む細菌性心膜炎の場合,心タンポナーデを併発することがある。

    特発性またはウイルス性急性心膜炎の1%未満,自己免疫性および腫瘍性の約2~5%,結核性や細菌性の約20~30%で収縮性心膜炎を呈する。コルヒチンを使用しない場合,急性心膜炎の約15~30%で持続性もしくは再発性心膜炎を呈する。

    【検査所見】

    約30%の症例において,聴診所見で胸骨左縁を中心に心膜摩擦音を聴取する。

    心電図では,約60%に広範囲(通常aVrを除くすべて)の誘導でST上昇が認められる。PR部分の低下を認める症例もある。

    心エコーでは約60%の症例に心嚢液貯留が認められる。

    血液検査では,白血球や赤血球沈降速度(erythrocyte sedimentation rate:ESR),およびCRPの軽度高値が認められ,病勢や治療効果の指標となる。

    炎症が心筋へ波及すると,CKやトロポニンなど心筋傷害マーカーが上昇する。胸部X線は心嚢液が300mLを超えない限り,正常範囲のことが多い。

    【ESCガイドライン20152)による診断基準】

    急性心膜炎:下記主要4項目のうち,2つ以上を満たすもの。

    ・主要項目:①前胸部疼痛,②心膜摩擦音,③心電図広範囲誘導でのST上昇またはPR低下,④心嚢液貯留。

    ・副次項目:①炎症反応高値(CRP,ESR,白血球数),②CT/MRIでの心膜炎症所見。

    持続性心膜炎:4~6週間以上症状が持続する心膜炎。

    慢性心膜炎:3カ月以上持続する心膜炎。

    再発性心膜炎:軽快後4~6週以上経過して再発する心膜炎。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top