株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

心筋炎

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-14
猪又孝元 (北里大学北里研究所病院循環器内科教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    心筋層に炎症をきたす疾患の総称である。先進国での多くの症例はウイルス感染によるとされ,「心臓の感冒」である。

    発症様式では急性が,組織学的にはリンパ球性が多い。

    急性心筋炎の中で,心肺危機に陥るものを劇症型心筋炎と呼ぶ。

    感冒症例に心異常を随伴する場合,本疾患を頭に浮かべられるかどうかが,最も重要な診断の分かれ道である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    ウイルス感染症状と心症状とが併存する。

    感染症状として,心症状に数日~1週間ほど先んじて発熱を伴う感冒様症状がある。

    嘔吐・下痢など消化器症状を認めることが多い。

    心症状として,心不全および不整脈に起因する呼吸困難・倦怠感・動悸・失神がみられる。心膜炎併発による胸痛も多い。

    【検査所見】

    ウイルス感染:2週間以上の間隔で採取されたペア血清を用い,ウイルス抗体価の4倍以上の変動をもって陽性とするが,陽性率はきわめて低い。

    心筋の炎症所見:心筋生検での炎症細胞浸潤にて確定診断する。しかし,生検はサンプリングエラーがあり,侵襲性も低くない。最近では,67Ga心筋シンチグラフィーとともに,心臓MRI(Gd遅延造影像とT2強調での高信号像)が活用される。

    心ポンプ不全:低血圧・心ギャロップ音・四肢冷感がみられる。心電図変化,特にST-T異常はほぼ全例でみられ,冠動脈支配と一致しない広範誘導のST上昇となる。血液検査では,血中心筋トロポニンの上昇が高感度である。心エコー図では心収縮能低下と壁肥厚があり,びまん性に分布する。鑑別すべきは急性心筋梗塞であり,冠動脈造影は除外診断に必須である。

    不整脈:房室ブロックや脚ブロックなどの心伝導異常,心室頻拍などの心室性不整脈がみられる。高熱と解離する徐脈で本症が見つかる場合もある。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top