株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

三尖弁閉鎖不全症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-14
秦 広樹 (国立循環器病研究センター心臓外科医長)
小林順二郎 (国立循環器病研究センター副院長/心臓血管外科部門長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    三尖弁閉鎖不全症(tricuspid regurgitation:TR)のほとんどは,左心系弁膜症増悪や呼吸器疾患と肺高血圧症に続発する右心負荷の結果,右室拡大・三尖弁輪拡大が起こって生じる,二次性(機能性)TRである。

    稀に一次性(器質性)TRがあり,原因としてリウマチ熱,感染性心内膜炎,三尖弁逸脱,Ebstein奇形,カルチノイド,外傷などがある。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    肺高血圧症が存在しなければ症状が出現しないことが多い。

    心拍出量の減少により易疲労感,労作時呼吸苦などが出現する。

    静脈圧上昇により肝腫大,腹水,下肢浮腫などの右心不全症状を呈する。

    【検査所見】

    聴診上胸骨左縁第4肋間に最強点を有する全収縮期逆流性雑音が聞かれ,吸気時に増強する(Rivero-Carvallo's sign)。

    胸部X線では右房,右室拡大を認める。

    心電図では心房細動を伴うことが多い。

    心エコーでは右室収縮期に右房内への逆流ジェットが検出される。

    右心カテーテル検査:肺高血圧,右房圧の右室化,右房圧波形v波増高。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top