株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

心房細動

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-13
山根禎一 (東京慈恵会医科大学循環器内科学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    最も頻度の高い頻脈性不整脈であり,加齢現象として生じることが多い。慢性症例だけでも罹患者は100万人に達し,common diseaseの範疇に入っている。

    不整脈自体は生命に危険を及ぼすものではないが,心房内血栓から脳梗塞を生じる危険がある。また,発作性から持続性,さらに慢性へと経時的に進行していく特性を持っている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    自覚症状は人によって大きく異なる。動悸や胸部不快,息切れなどを訴える場合から,まったく無症状の場合まで様々である。

    【検査所見】

    心房細動の診断は,心電図で心房細動を記録することに尽きる。QRS波は不規則であり,それに先行するP波は存在せず,細動波(f波)と呼ばれる細かい基線の揺れが観察される。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top