株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

洞不全症候群

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-13
庭野慎一 (北里大学医学部循環器内科学教室臨床教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    洞結節から心房へ適正な頻度で興奮が伝達されず,徐脈を呈する病態。洞結節の自動能異常または洞房間の伝導異常を機序とし,洞結節や周辺組織の虚血や線維化のほか,老化に伴って生ずることが多い。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    一過性の心拍消失によるめまい,失神などの脳神経症状。持続性徐脈による息切れ,全身倦怠感などの心不全症状が起こる。

    心房細動後の心停止(徐脈頻脈症候群)では,動悸発作の停止に引き続きめまいをきたす。

    【検査所見】

    心電図(ホルター心電図・モニター心電図を含む)におけるP波消失,または徐拍化と,一致する心拍消失。ルーベンスタイン分類では,Ⅰ型:持続性洞徐脈,Ⅱ型:一過性心拍消失(洞停止と洞房ブロック),Ⅲ型:徐脈頻脈症候群や発作性上室性頻拍細動停止後の心停止,に分類される。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top