株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

難聴

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-26
杉浦彩子 (国立長寿医療研究センター耳鼻咽喉科)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■治療の考え方

    中外耳疾患の有無を鑑別し,感音難聴の場合は難聴の程度によって補聴器装用を検討する。

    ■状態の把握・アセスメント

    【フィジカル】

    外耳道・鼓膜の所見を確認し,聴力の気骨導差,難聴の程度の評価を行う。

    【メンタル】

    在宅療養を受けている患者では,本人の難聴の評価と介護者からみた難聴の評価に乖離を認めることが多く,双方の視点からの評価が必要である。

    【介護力】

    補聴器の使用を考える場合,補聴器の脱着,電池交換,清掃が本人・介護者に可能かどうかの確認が必要である。大声で話しかけなければ会話が成立しない場合は,補聴器装用による負担の軽減が見込まれる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top