株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 【欧州心臓病学会(ESC)】カリウム含有食塩の常用で中国人のCVが改善:RCT“SSaSS”

登録日: 2021-08-31

最終更新日: 2021-08-31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

減塩、またカリウム(K)摂取増加は、血圧低下作用こそ証明されているものの、心血管系(CV)転帰への影響は不明だった。しかしこのたび、中国で実施されたランダム化試験(RCT)“SSaSS”において、K含有食塩は通常食塩に比べ、脳卒中をはじめ、CV転帰も改善することが明らかになった。827日からWeb上で開催された欧州心臓病学会(ESC)学術集会にて、Bruce Neal氏(ジョージ国際保健研究所、豪州)が報告した。

SSaSS試験の対象は、中国在住の、脳卒中既往例、あるいは60歳以上の血圧管理不良例(収縮期血圧[SBP]:降圧薬服用例で140mmHg以上、非服用例で160mmHg以上)を合わせた20995例である。重篤な腎疾患、あるいはK製剤/K保持性利尿薬使用例(いずれも自己申告のみ)は除外されている(血液検査は実施せず)。きわめて簡便で、実用的なプロトコールである点をNeal氏は強調していた。

20995例の平均年齢は65.4歳、49.5%が女性だった。脳卒中既往は72.7%に認めた。また79.3%が降圧薬を服薬しており、血圧管理不良だったのは59%(全体の血圧平均値は15489mmHg)だった。

これらは日常生活で、通常の食塩を用いる群(通常食塩群)とK25%含有する代替食塩を用いる群(K含有食塩群)に、居住村ごとにランダム化され、最低でも6カ月間、平均4.74年間観察された。観察開始5年後の時点で、「K含有食塩」群の92%、「通常食塩」群の94%が、割り付け通りの食塩を用いていた。

その結果、追跡期間中(年1回評価)のSBPは「K含有食塩」群で、「通常食塩」群に比べ、3.3mmHgの有意低値となっていた。24時間尿中ナトリウム排泄量も3.45g、有意に低かった。

そして1次評価項目である「脳卒中」発生率は、「K含有食塩」群で2.91%/年となり、「通常食塩」群(3.37%/年)に比べ、HR0.8695%CI0.770.96)の有意低値となっていた。この脳卒中減少は、「年齢」、「性別」、「降圧薬の有無」、「糖尿病合併の有無」、「開始時血圧の高低」など、あらゆるサブグループで一貫して観察された。

同様に「脳卒中・急性冠症候群・血管死」も、「K含有食塩」群におけるHR0.870.800.94)と、有意に低かった。さらに総死亡HR0.880.820.95)だった。いずれもカプランマイヤー曲線は観察開始後早期から乖離を始め、観察終了時まで差は開き続けた。

一方、「K含有食塩」群における「高カリウム血症」の増加は認められず(HR1.0495CI0.801.37)、血管死による突然死も0.940.821.07)だった。高Kによる危険性は観察されなかった形だ。

ディスカッションにおいてBertram Pitt氏(ミシガン大学、米国)は、「K含有食塩」群における脳卒中減少が糖尿病合併例でも認められた点(HR0.7895CI0.630.97)に注目していた。その上で、SGLT2阻害薬やミネラルコルチコイド拮抗薬が2型糖尿病の脳卒中を抑制しない以上、このデータは非常に重要だと指摘している。

本試験は、豪州国立保健医療研究評議会からの資金提供を受けて実施された。また報告と同時に、NEJM誌ウェブサイトで公開された。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科(泌尿器科)・消化器外科 各1名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。
現在、指定管理者制度により医療法人社団 苑田会様へ病院の管理運営を行っていただいております。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
6階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
2022年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
又、地域から強い要望がありました透析業務を2020年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科)医の先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

●人口(島原半島二次医療圏の雲仙市、南島原市、島原市):126,764人(令和2年国勢調査)
今後はさらに、少子高齢化に対応した訪問看護、訪問介護、訪問診療体制が求められています。又、地域の特色を生かした温泉療法(古くから湯治場として有名で、泉質は塩泉で温泉熱量は日本一)を取り入れてリハビリ療法を充実させた病院を構築していきたいと考えています。

もっと見る

関連物件情報

page top