株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 【欧州心臓病学会(ESC)】植え込み式心電計を用いた無症候性心房細動検出は転帰を改善せず:RCT“LOOP”

登録日: 2021-08-31

最終更新日: 2021-08-31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートウォッチなどの簡便なデバイスを用いて、無症候性の心房細動(AF)検出が可能になりつつある。しかし、そのような積極的なAF検出は脳卒中・塞栓症の抑制につながるのだろうか? ランダム化試験(RCT)“LOOP”の結果は否定的だった。827日よりWeb上で開催された欧州心臓病学会(ESC)学術集会にて、Jesper Hastrup Svendsen氏(コペンハーゲン大学、デンマーク)が報告した。

LOOP試験の対象は、7090歳で、高血圧、糖尿病、脳卒中既往、心不全のいずれかを有し、AF(含・既往)を認めない6004例である。ペースメーカー植え込み例と抗凝固薬服用例は除外されている。

平均年齢は75歳、男性が53%を占めた。CHA2DS2-VAScスコア中央値は4だった。

これら6004例は、心電用レコーダ(Reveal LINQ)植え込み(ILR)群と、通常観察群にランダム化され、64.5カ月間(中央値)観察された。ILR群では、6分以上持続するAFが検出された場合、医師から抗凝固療法が推奨される仕組みになっていた。

その結果、AF検出率は、ILR群で31.8%となり、通常観察群の12.2%を有意に上回った(HR3.1795%CI2.813.59)。そして経口抗凝固薬開始率も、ILR群は29.7%AF検出例の91.0%)と、通常観察群(13.1%AF検出例の86.5%)よりも有意に高値となった。なおSvendsen氏によれば、抗凝固療法に用いられた薬剤は、ほとんどがDOACだったという。

にもかかわらず、1次評価項目である「脳卒中・全身性塞栓症」リスクは、両群間で有意差を認めなかった(ILRHR0.8095%CI0.611.05)。同様に、2次評価項目の1つである「脳梗塞・TIA・動脈塞栓症」HRも、0.920.731.15)と有意差を認めなかった。一方、大出血HR1.260.951.69)とILR群で増加傾向を認めたものの、総死亡HR1.000.841.19)と同等だった。

1次評価項目で有意差が得られなかった理由として、ディスカッションでは以下が指摘された。

1)まず治療対象として考慮すべきAFを「6分以上持続」とした点である。RCTASSERT”追加解析では、無症候性AFに伴う「脳卒中・塞栓症」リスクの著増が認められたのは、持続時間が24時間を超えるAFだった。そのためLOOP試験ILR群では、必要のないAF例に対しても抗凝固療法が実施された可能性を否定できない。

2)また対照群におけるAF検出・治療開始率(13.1%)は、試験設計時に想定されていた3%を大きく超えていた。そのため、想定していたほど、両群間の抗凝固療法実施率に差がつかなかった(この高い検出率の理由は不明)。

3)両群間の1次評価項目カプラン・マイヤー曲線の乖離が始まったのは試験開始の23年後だったため、観察期間がより長期に及べば、有意差に至った可能性がある。

4ILR群の非AF例で発生した脳卒中が、治療効果をマスクした可能性はないか―などである。

本試験は研究者主導で実施され、Innovation Fund DenmarkThe Research Foundation for the Capital Region of DenmarkMedtronicなどから資金提供を受けた。また報告と同時に、Lancet誌ウェブサイトで公開された。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科(泌尿器科)・消化器外科 各1名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。
現在、指定管理者制度により医療法人社団 苑田会様へ病院の管理運営を行っていただいております。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
6階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
2022年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
又、地域から強い要望がありました透析業務を2020年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科)医の先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

●人口(島原半島二次医療圏の雲仙市、南島原市、島原市):126,764人(令和2年国勢調査)
今後はさらに、少子高齢化に対応した訪問看護、訪問介護、訪問診療体制が求められています。又、地域の特色を生かした温泉療法(古くから湯治場として有名で、泉質は塩泉で温泉熱量は日本一)を取り入れてリハビリ療法を充実させた病院を構築していきたいと考えています。

もっと見る

関連物件情報

page top