株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

勉強会[プラタナス]

No.5070 (2021年06月26日発行) P.3

横山美貴 (町立八丈病院小児科(元 国立小児病院呼吸器科レジデント))

登録日: 2021-06-26

最終更新日: 2021-06-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 日本で唯一の国立の小児病院(現在の国立成育医療研究センターの前身)は世田谷の丘の上にあった。そこの会議室の一室で毎週木曜19時から「小児呼吸器勉強会」が開かれていた。当時から今も小児呼吸器専門医は数少なく、関東一円の病院から胸部X線写真を携えて判断を仰ぎに集まってきた。みんなが集まりやすいように遅めの開催だったように思う。夕食は各自でだった。

    シャウカステン(Schaukasten独)、今は何をするものかを知らない人もいるかもしれないが、そこにフィルムをずらっと並べて見比べる。小児の場合、経過がわかるように全部の写真を持ってくるよう指示されていた。症例提示がされる中、下の者はこぞって駆け寄り、かぶりつきで所見を探す。お師匠先生は後ろから遠巻きにこのフィルムと様子を見ていて、頃合いを見計らい助け舟を出してくれる。リアルタイムで模範読影を経験することができるのである。

    残り532文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    page top