株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 【米国心臓病学会(ACC)】フレイルに着目した個別リハビリで急性非代償性心不全例の転帰は改善するか?:RCT“REHAB-HF”

登録日: 2021-05-20

最終更新日: 2021-05-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急性非代償性心不全(ADHF)の転帰改善を目指して、過去10年間にさまざまな介入が検討されてきた。にもかかわらず、有用性が証明されたものはない。しかし本年の米国心臓病学会(ACC)学術集会(バーチャル開催)で報告された第Ⅱ相ランダム化試験“REHAB-HF”では、患者ごとに細かく評価したフレイルリスクに応じたリハビリ実施により、臨床転帰が改善されるだけでなく、HFpEFに限れば生存も改善される可能性が示唆された。ウェイクフォレスト大学(米国)のDalane W. Kitzman氏が報告した。

REHAB-HF試験の対象は、ADHF入院後の状態が安定し、入院前に自立していた349例である。4m以上の歩行不可能例(±補助具)は除外されている。しかし「除外基準は最低限に絞った」とKitzman氏は説明している。

平均年齢は73歳、約45%に直近6カ月以内のADHF入院歴があった。また97%が「フレイル、またはプレフレイル」(Fried基準)に相当した。

これら349例は、この試験用に考案された「個別リハビリ」追加群と「通常治療」群にランダム化された。

「個別リハビリ」群ではまず、患者の状態について「座位からの補助なし起立能力」と「立位バランス」、「歩行持続時間」、「歩行速度」の4項目をそれぞれ4段階に分け評価。その上で患者ごとに適したリハビリプロブラムを、入院中、退院後通院時、通院終了後の家庭、それぞれの環境に合わせて策定した。通院時リハビリ(3カ月間)の回数は3回/週、非監視下家庭リハビリ(3カ月間)は5回/週とした。同氏らはこれまでの報告から、ADHF例再入院の多くが非心臓血管系の要因に起因していた点に注目。身体機能への介入を思いついたという。

一方、「通常治療」群でも入院時は、従来型のリハビリテーションは許可されていた。

なお、本試験における「個別リハビリ」継続率は、ADHFに限らぬ心不全入院例を対象に運動療法の有用性を検討したEJECTION-HF試験に比べ、きわめて高かった。 Kitzman氏は今回のREHAB-HF試験では、リハビリプログラム策定にあたり「継続性維持」が重視された点を強調していた。

その結果、1次評価項目である退院3カ月後のSPPBshort physical performance battery)スコアは、「個別リハビリ」群で1.5の有意高値となっていた(P<0.0001)。SPPB低値はすでに、死亡リスク増加との相関が報告されている。さらにこの「個別リハビリ」群におけるSPPB改善は、「年齢」や「性別」、「左室駆出率0.45の上下」、「NYHA分類の高低」、「さまざまな合併症の有無」や「肥満度」などで分けたサブグループのいずれにおいても認められた。

また退院3カ月後の「6分間歩行距離」と「QOL」、「フレイル」、「抑うつ」も、「個別リハビリ」群で有意に改善していた。

さらに退院6カ月後の「全再入院」(1.18 vs. 1.28%)、「心不全入院」(0.57 vs. 0.66%)は「個別リハビリ」群で減少傾向を示した。一方「死亡」は、「個別リハビリ」群で増加傾向が認められた(0.13 vs. 0.10%)。いずれにせよ「検出力不足」(Kitzman氏)の解析である。

ただし同氏が記者会見で明らかにしたところによれば、「個別リハビリ」が「死亡」に与える影響はHFrEFHFpEFで有意に異なり(交互作用P<0.05)、HFpEF例では相対的に35%の減少が認められたという(in press)。同氏らは現在、この点を確認すべく、より大規模なランダム化試験を計画中である。

本試験は米国NIHとウェイクフォレスト大学から資金提供を受けて実施された。また報告と同時にN Engl J MedWebサイトで公表された。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top