株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

CKD合併慢性心不全患者における五苓散の有用性と安全性

No.5046 (2021年01月09日発行) P.49

川原隆道  (東邦大学医療センター大森病院客員講師/ 東京西徳洲会病院循環器内科医長)

田中耕一郎 (東邦大学医療センター大森病院東洋医学科准教授)

登録日: 2021-01-06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【五苓散はCKD合併慢性心不全患者の症状,所見を改善し,有害事象は認めなかった】

心不全に対する西洋医学的治療は薬物療法,心臓再同期療法や運動療法,和温療法,手術療法等の非薬物的治療においてエビデンスが確立されつつある。近年,心腎連関の概念が提唱されているように,心臓と腎臓は血行動態や神経体液性因子を介して密接に関連し,心不全患者はしばしば腎機能障害を合併する。わが国における慢性心不全患者の大規模観察研究では慢性腎臓病(CKD)の合併頻度は47.3~71.0%と高く,eGFRの低下により心不全患者の生存率は低下し,eGFRは心不全患者の重要な独立した予後規定因子である。

しかし,CKD合併心不全患者の治療に関するエビデンスは確立されておらず,このようなCKD合併心不全患者に対しての標準治療への漢方薬の追加治療の安全性と有用性も明らかではない。

今回,当院において過去2年間に,標準治療の効果が不十分であり五苓散7.5g/日を追加投与したstage Ⅲ以上のCKD合併心不全患者20名を後ろ向きに検討した1)。11名で息切れや浮腫などの症状,胸部X線でのうっ血や胸水は改善し,血清BNPも低下し心不全の改善を認めた。また,腎機能,血漿浸透圧の悪化は認めず,臨床的に問題となる電解質悪化も認めなかった。CKD合併心不全患者に対する標準治療に加えた五苓散投与は安全かつ有用である可能性が示唆され,今後のさらなる検討が望まれる。

【文献】

1) 川原隆道, 他:日東洋医誌. 2019;70(1):57-64.

【解説】

川原隆道  東邦大学医療センター大森病院客員講師/ 東京西徳洲会病院循環器内科医長

田中耕一郎 東邦大学医療センター大森病院東洋医学科准教授

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

page top