株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

男性にとっての美容皮膚科[プラタナス]

No.5032 (2020年10月03日発行) P.3

宇井千穂 (やさしい美容皮膚科・皮フ科秋葉原院院長)

登録日: 2020-10-03

最終更新日: 2020-10-01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 最近は男性でも美容皮膚科に通う人が増えています。美容皮膚科を訪れる男性の方々の治療の希望は多岐にわたりますが、脱毛、シワ、シミを気になさる方が多いです。年齢層も若い方だけではなく、壮年層の方も増えています。

    美容皮膚科での主訴は様々ですが、若い方はニキビ治療としてのフェイシャルレーザー施術で、毛穴の手入れと全身やヒゲ脱毛の施術を受ける方が多く、壮年期の方はシワ取りと点滴、ヒゲ脱毛の要望が多い傾向にあります。

    ヒゲ脱毛をするとヒゲがなくなり毎朝のシェービングをしなくてもよくなりますが、それだけではなく、医療レーザー脱毛をすると毛穴が小さくなる、肌がなめらかに見える効果もあります。そのような二次的な効果を体験して美容皮膚科に通うことが楽しみになる方も多いようです。これは日頃、女性よりも肌のお手入れをしてこなかった男性にとって新鮮な喜びであるのでしょう。

    女性は毛穴が目立つ男性を苦手とする傾向があります。そういった意味で「イケメンになりたい」との理由で足を運ぶ方も多いです。また、ビジネスの観点から取り組む方もいます。営業職などで見た目が「怖い」と言われるので、額と眉間のシワを消したいと来られる方がいます。そのような場合の治療としては、シワ取り注射を施術します。シワをなくすことで怒り顔を改善する効果が見込めます。

    残り441文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top