株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

健常人に重症の肺真菌症?[プラタナス]

No.4982 (2019年10月19日発行) P.3

岡 寛 (東京八重洲クリニック院長)

登録日: 2019-10-19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 2006年9月のまだ暑い時期であった。関節リウマチで外来に通院していた元気のいい40歳代の女性に、数日前から38度以上の発熱、激しい咳が出現していた。長年、リウマチ科にいたためか、常に感染症の心配はしていた。当時の治療は、ステロイドや免疫抑制薬は使用しておらず、免疫調節薬のブシラミン(リマチル®)のみであった。

    ベースがリウマチなので一応、胸部X線を撮ってみたところ、両肺に結節性の陰影を認めた。「これはいかん」と思って、胸部CTを撮ったところ、写真のような境界がやや不明瞭な結節性陰影であった。パターンからみて、細菌性ではなく、結核でもなく、真菌性かもしれないと思った。喫煙歴なし、ペットの飼育や餌やりもしていなかった。患者さんには、「肺に多発する陰影があり、肺のカビかもしれません。大学病院にすぐ紹介します」と言って紹介状を作成し、翌日には受診してもらった。

    残り457文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top